« ピアノを再開した当初の感覚 | トップページ | 再開してから弾いた曲・その2 »

ピアノを再開してから弾いた曲・その1・練習曲

ツェルニー40番練習曲1~20番
速くは弾けないのできわめてゆっくり。基本的な指使いを指に覚え直させるのに役立ったと思う。

クラーマー=ビューロー60の練習曲
1番から順に。これは弾いていて楽しい。
音楽的だし、時折入っている短調も良いし、なんと言っても一曲が短い。←これ、私とっては非常にポイント高いです(^^)vv
ツェルニー21番から先を弾かなかったのは、技術不足に加えて、曲が長くなるからですもの。演奏体力のないヘタレな私。

|

« ピアノを再開した当初の感覚 | トップページ | 再開してから弾いた曲・その2 »

「練習メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/3297566

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノを再開してから弾いた曲・その1・練習曲:

» 練習曲 [クラッシックの世界]
練習曲練習曲(れんしゅうきょく)は、楽曲の種類の一種である。フランス語風にエチュード(?tude、「学習」の意)ともいう。練習曲と呼ばれる楽曲は次の二種に大別され、各々の定義は若干異なる。楽器や歌の演奏技巧を修得するための楽曲。演奏会用練習曲。演奏するために非常に高い技巧を要求する比較的短い楽曲。性...... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 08時49分

« ピアノを再開した当初の感覚 | トップページ | 再開してから弾いた曲・その2 »