« 再開してから弾いた曲・その4 | トップページ | 再開してから弾いた曲・その6 »

再開してから弾いた曲・その5 「演奏会用アレグロ」①

グラナドスの「演奏会用アレグロ  Allegro de Concierto」は、高校生の頃からのあこがれの曲です。20代はじめのころ楽譜をゲットして、以来何度も弾きかけては挫折していました。手持ちの楽譜は「UNION MUSICAL ESPANOLA」とある輸入版です。

若い頃より間違いなく確実に技術の衰えている、しかも再開間もない今、これを弾こうと思ったのは、この先のことを考えるようになったからです。

人生の半ばを過ぎ、この先どれ位の曲を弾けるだろうか・・・と考えるようになりました。レベルもそうですが、曲数も。
それを考えるにつけ、今まで弾きたくても私の力では無理・・・としり込みしていた曲にも挑んでみたいと思うようになりました。加えて、今まであまり興味のなかった作曲家や曲、また知らなかった曲にもチャレンジしたいと思うようになりました。

「演奏会用アレグロ」はマドリッド王立音学院のコンクールの1等をとったグラナドス初期の曲で、明るい華やかな曲想が魅力です。この曲を弾いていると、アルハンブラで見た、深海の底のような青空を思い出します。抜けるような濃く深い青空でした。
技巧的にも非常に難しいし、自分の力からするとかなり背伸びな曲なのですが、とにかくできるところまででも・・・と本を開きました。



練習を始めてから今2ヶ月ばかりが過ぎ、ようやく最後まで譜読みができました。
これからは細かく確認&テンポを上げなくては。

|

« 再開してから弾いた曲・その4 | トップページ | 再開してから弾いた曲・その6 »

「グラナドス」カテゴリの記事

「練習メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/3313430

この記事へのトラックバック一覧です: 再開してから弾いた曲・その5 「演奏会用アレグロ」①:

« 再開してから弾いた曲・その4 | トップページ | 再開してから弾いた曲・その6 »