« 「のだめ」ドラマ第1話で印象的だったこと | トップページ | 音律と響きの不思議・①・吹奏楽を聴いて思ったこと »

「モーツアルト2台のピアノのためのソナタとフーガ」の(!)

Pa260142_1

↓の記事で話題に出していた「モーツアルト2台のピアノのためのソナタとフーガ」の楽譜をゲットした。(写真をクリックすると大きくなります。よろしければどうぞ)
(バックはウン十年選手の私のアップライトです)

早速開いてみる。


Pa260143_1

ここが「たった2小節でまちがえるな!」「ぎゃぼー!」の冒頭部ね。
このラをシ♭に間違える方が難しいのではないか、やはり天才は違う、間違い方も天才的だ・・・などと思いつつ、とりあえず第1ピアノを音出ししながらページを繰ってみる。

第1楽章の終りまで来る。
第2楽章は・・・3拍子か。パラパラとめくると・・・

Pa260144

へ?
また表紙??
(次を開くとまたしても1楽章の冒頭部が)

をををを

Pa260145_1

楽譜が2冊に分身の術~~

これってやっぱり・・・殴られ用??(ぼかっ いてっ)


2台ピアノの楽譜を買ったのは初めてなのです。
連弾は何度も奏った。左がセカンド、右がプリモだから楽譜は1冊。
歌伴(声楽の伴奏)だったら、大抵歌の人からコピーをもらっていた。
2台ピアノって楽譜が2さつ入っているのね♪
そりゃそうだ。2冊なかったら2台のピアノで弾けません。
新たな発見にぎゃぼー♪だったのでした。
(あまりにもおバカな私・・・)

|

« 「のだめ」ドラマ第1話で印象的だったこと | トップページ | 音律と響きの不思議・①・吹奏楽を聴いて思ったこと »

「音楽と本」カテゴリの記事

コメント

いやーん♪これこれ!この曲♪
難しいのですか???練習したら弾けそうですか???
モーツアルトって、簡単そうに聴こえるけど、弾いたら難しいですよね・・・楽譜欲しいけど、いつになったら弾けることやら?!なのでちょっと躊躇しちゃいます(^^;

投稿: yu-ki | 2006年10月30日 (月) 20時03分

yu-kiさん、こんばんは!

第1楽章だけプリモもセカンドも、流してみたんですが、結構難しかったです。
でも、譜面上の難しさ以上にこれ、あわせるのが相当難しそうです!
16分音符で両方動いていたり、16分で動いているところにアウフタクトで入ったり・・・
でも、一緒に弾いたら本当にきれいだろうなと思います!
1パートだけ弾いていると、もう一方の音が聴きたくて、欲求不満におちいっちゃいます(笑)。

そして、2楽章・3楽章と続いた後、フーガとアダージョが入っているんです。音出しはしていないけれど、フーガなんてもし一人で弾いたら、ハゲシク欲求不満におちいりそうですね(笑)。

投稿: kali | 2006年10月30日 (月) 22時21分

ごめんなさい!↑のコメントkalimacのコメントです。
kaliは短くした形で、別ブログではいつも使っています。
これからもこちらでも使ってしまうかもです。
どちらのハンドルでも、よろしくお願いします♪

投稿: kalimac(管理人) | 2006年10月30日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/3992019

この記事へのトラックバック一覧です: 「モーツアルト2台のピアノのためのソナタとフーガ」の(!):

« 「のだめ」ドラマ第1話で印象的だったこと | トップページ | 音律と響きの不思議・①・吹奏楽を聴いて思ったこと »