« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

鍵盤バッグ

鍵盤バッグ
鍵盤バッグ



鍵盤模様のバッグです。
持ち手には猫が顔をのぞかせています(^^)

これ、実はタオルなんです。同じものを2枚縫い合わせています。店で見て、その場でこれはバッグにしよう!と思いました。
持ち手は手芸店で購入。タオルは1枚500円、持ち手は700円ほどでした。
タオルをつき合わせているだけなので、縫い目が弱いだろうと、裏側に(縫い目にかぶせて)綿テープを縫い付けました。同様に入れ口のぐるりも綿テープで補強。
楽譜がちょうど入る大きさです。
ただ、いかんせんタオルなので、箱付きの楽譜を入れて補強代わりにしないと(爆)。春秋社版大活躍の予感(爆爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パデレフスキ崩壊(?)

パデレフスキ崩壊(?)

パデレフスキ版ショパンのエチュードがついに崩壊(^^;;;;;
・・・まあ、仕方ないか。20年前の楽譜だし、パデレフスキ版だし。
でも、ひとつ便利なことが。

パデレフスキ崩壊(?)

譜めくりしなくても大丈夫(^^♪<Op.25-2(←いいのかそれで)


というわけで、次に弾く曲は、ショパンのエチュードOp.25-2とベートーベンのソナタ26番 告別 Op.81aにしました。

ショパンのエチュードは、ゆ~~~っくり弾いています。二分音符=60~70くらい。ヘタだ・・・我ながらヘタクソだ・・・(爆)
この曲を弾いていると、呪文をかけられている様に感じるのは私だけ?(爆爆)<右手のメロディーがアブラカタブラ・・・とかカラバダングバラカ・・・とかアカラブグナダバラク・・・とかに聴こえてくる(←私の耳がヘン・滝汗)
よい呪文ならばいいのだが・・・あなたもショパンが弾けるようになーるとか・・・(祈)

冗談はさておき、この曲における自分なりの問題点。

右手:ドレシドミレドレシドファソ・・・のさいごのファソがふらつく。重さが1の指方向に残っているせい?他の音形でも同様。
左手:低ー高ー中の伴奏音形って、ショパンっぽい~~と思うのだが、いつもそれがヘタクソ。音も外すし、重みの入れ方がバラバラ。

うーん、やっぱり独学だと疑問が出てくる。。。それは、ベートーベンでもいえることだ。

ベートーベンは譜読みを始めたところ。提示部をゆっくり弾いています。まだ、曲云々という段階ではないのだが、この先疑問がたくさん出てきそうな気がする。
そろそろ、独学も限界かな。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

初めてのローラースケート

初めてのローラースケート
…に翻弄される双子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロープウェー

ロープウェー
…に乗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行中

旅行中
旅行中
三重県に来ています。
鈴鹿サーキットでバイク(?)に乗ったり…
双子の牛にモーと言われたり…
今日は温泉宿に宿泊の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »