« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ご無沙汰しております

ご無沙汰しておりました。
帰省後、なにやかにやと雑事におわれておりました。

実家にはオルガンタッチの鍵盤が5オクターブしかないキーボードがあるだけだったので、ほとんど練習できませんでした(TT)
演奏会用アレグロのアルペジオなんて、途中で鍵盤が無くなる無くなる(爆)
でも、ベンダーがきかない分、音のつながりを確認しながら弾けたのは、それなりに良かったかも。

と言うわけで、現在立て直し中です(^^;;;指動かないぞ~~~~(涙)



さて、そんな夏休み中の収穫は・・・



夏休みに入る前に編みました。綿100%、「けいとだま 2006年夏号」の作品を、編地や、えり袖周り、すそ模様をアレンジして、胸下に紐を通しました。
涼しくて着易いです。

ご無沙汰しております

↑のニットの余り糸対策第1号(笑)。
本体は中長編み、編地が変化して見える部分は細編みとくさりをひと目ごと。ふちはバック細編みで編み、コサージュを付けました。

ご無沙汰しております

さらに↑のニットの余り糸対策その2(笑)。
裏には山吹色にトンボ柄の綿布をつけました。財布とハンカチと携帯持って、ちょこっとおでかけサイズです。

ご無沙汰しております

最後に大物。
もちろん作ったんじゃありません(当然爆)。

12月の発表会用のドレスです。
6990円!!でした。

ご無沙汰しております


なんか、これ見てるとピンク好きみたい。どちらかと言うと青系が好きなんですが、たまたま重なりました。

ドレスも決まったし、後はもう一曲を決めるだけ(←そっちが先・爆)
う~~~~決まんないよう~~~何にしよう~~~~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

お知らせ

いつもお越しいただき、どうもありがとうございます。
明日よりしばらく帰省のため、更新がほとんどできなくなります。
20日過ぎに復帰の予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

しばらくピアノのない環境になってしまいます。
これは、今の私には本当につらい(涙)その分、懐かしい本たちに会ってこようと思うのですが。
簡単なキーボードがあるのですが、オルガンタッチの上に鍵盤が全然足りない。
楽譜と音源を持って行って、しばらくアナリーゼにひたります。
帰宅後にまた、新規まき直しだっっっ!!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第6回Dolceの会の練習会@参加は3度目

Dolceの会の練習会に参加してきました〜♪
今回の参加メンバーは、
まーみさん、てんてん40さん、自由の女神さん、ポーちゃんさん、takakoさん、keiakariさん、テツさん、かおるさん、kaliの9名でした。

まーみさんはバッハのイタリア協奏曲、バラード3番、スケルツォ2番を弾かれました。
まーみさんのバラ3にはいつも胸を打たれます。音色が優雅なんですよね。しばらく弾いていなかったとのことでしたが、とてもそうは思えません!また是非!!!聴かせていただきたいです♪

てんてんさんは、スケルツォ1番、スケルツォ2番、ハンガリー狂詩曲を弾かれました。
スケ1すごい!!!冒頭部の激し華やかさに目が点になり、中間部の唄い方にうっとりし、夢中で聞き惚れました。

自由の女神さんは、バラード1番、シューベルトソナタを弾かれました。
自由の女神さんのバラ1を聞かせていただくのは2度目です。音が厚い!深い!和音の一つ一つを丁寧に響かせておられるところが好きです(告白~~(*^_^*)ポッ
シューベルトも良かったなあ。かっちりとした音や暗い音、厚い音・・・と、音色が多彩でした。
楽譜探してみようかな。。。

ポーちゃんさんとは初めてお目にかかりました。
モーツァルトのソナタkv.545、ギロックのダイアナの泉を弾かれました。
ギロックは抒情小曲集の中の曲でしょうか?調べと流れの美しい曲でした。
ギロックって、譜面以上の難しさがあるように感じますが、すごく自然に演奏されていました。

takakoさんは、悲愴3楽章、幻想即興曲を弾かれました。
幻想即興曲の美しかったこと!
6つと8つを合わせられないリズム音痴(爆)の私には、絶対弾けない(涙)
流れるようなアルペジオ、歌い方の美しい中間部、参考になります。

keiakariさんは、悲愴2楽章、ノクターン1番を弾かれました。
ノクターン美しかったです!
keiakariさんは音が柔らかくて、浪漫な曲がお似合いだと思いました。

テツさんとも、初めてお目にかかりました。
ラフマニノフの鐘、ソナチネを弾かれました。
鐘、素晴らしかったです。音の響きが美しくて迫力でした。

かおるさんともはじめましてなのですが、全然はじめましての感じがしませんでした(笑)
ラプ1、カンパネラ、堪能させていただきました。シアワセ~~♪(^^)♪
ラプ1は音の一つ一つが丁寧で、しかもブラームスらしい深い響き。さくらの歌い方の美しさに惚れ惚れしました。あこがれます。
カンパネラの跳躍の正確さ。基礎的なものがしっかり付いていらっしゃるからなんだろうな。
手の大きさ比べもしましたが、私とあまり変わりませんでした。私も頑張らなくっちゃ・・・と、決意を新たにした瞬間でした。

私は・・・グラナドスの詩的なワルツ集と演奏会用アレグロを弾きました。
お耳汚しすみませんっっっっっっ!
なぜだか異常にあがってしまい、弾きながら足が震えてました(こんなこと初めてだ・・・)
詩的なワルツ集はすごく素敵な曲なのに、全然きれいに弾けなかった。愛してやまないグラナドスに申し訳がない・・・(←おバカ)
演奏会用アレグロは、足は震えなかったけれど、弾き始めてから「ヤバイ・・・」と思うくらいテンポが速かった。弾き直しも多かった。指が浮ついていた。
この曲は弾き始めてから1年がたつ。まだまだ弾き続けたいし、多分やめられないと思う。
今は日毎に2~3ページくらいづつゆっくり→速くの練習をしてみたり、日によっては通すだけだったり・・・だが。。。もう少し短い単位で(1ページづつとか1フレーズづつとか)練習した方が良いのかも。
ゆっくりになる部分は3声になっているのだが、ベース音と伴奏音、メロディーの音色を変えたいと思いつつ、なかなか上手く弾けない。
でもね。あれもできない、これも弾けないなのに、これが嫌にならないんです、この曲に関しては。待ってろよ~~~って感じでしょうか(←えらそー・爆)。いつかいつか、ものにしてやるぞ!
ちなみに今、自分の演奏を聞いていたら、G氏がゴソゴソとやって来やがりました(爆爆)
Gジェットで退散しましたが・・・・私のピアノって・・・G系?(爆爆爆)(ちなみにG氏とはもちろん愛するグラナドスではアリマセンYO~~~)


さて、練習会終了後はこれまたお楽しみのランチタイム。
琥珀色の元気の源(笑)を飲みながら、ランチに舌鼓を打ちつつ、色々なお話を楽しませていただきました。
その中で、12月の発表会で、自由の女神さんと連弾をさせていただくことになりました。わ~~~い♪〈^^〉♪パチパチ
楽しみがまたひとつ増えました♪

今回のピアノはベーゼンドルファーの92鍵。ベーゼンもはじめてならば、鍵盤の多いタイプも初めて。
演奏会用アレグロには、一番下のAがでてくるのですが、その音を弾く時になって始めて気付きました。焦った~~(--;;;;;
1秒の何分の1かの時間なんでしょうが、「私は誰~ここはどこ~~」状態になってしまいました。多分、外してます(汗)
鍵盤は重くなく、かつ軽すぎなくて弾きやすかったです。音もよく響いて、心地よく弾かせていただきました。


今回も練習会を心から楽しみ、堪能させていただきました。皆様の演奏からまた、力をいただいたような気がします。
ご一緒させていただいた皆様、どうもありがとうございました♪

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »