« 音が見えるとき | トップページ | 第8回Dolceの会練習会@参加は5度目 »

歌うように

先日、幼稚園で音楽会があった。
フルートとピアノのデュオ。
子ども向きのディズニーソングや童謡などのあと、大人向けの演奏があった。

中でもラフマニノフのヴォカリーズに感動した。

今日演奏してくださったピアニストは、ジャズとクラシックの両方を弾く方。
音がくっきりしていて、歌い方も心地よい。何よりもアンサンブルがすごく良かった。
フルートとのアンサンブルで、メロディーを際立たせたり、それでいて、対旋律やカウンターメロディーなどではピアノもくっきり出していて、すごく素敵。

いいなあ、こういうアンサンブル。

先日亡くなられた羽田健太郎は、題名のない音楽会で聞いた感じでは、自分が引っ張って行くタイプのピアニストのようだった。
「題名~」の短い時間で聞いた感想だけで、判断するのはおこがましいことだが、
協奏曲やアンサンブル、伴奏ピアノも、自分が引っ張って行くタイプのように思われた。
素晴らしい才能だと思う。そんな形で演奏する(または目指す)ピアノ弾きも多いだろう。

ただ、私の好みとしては、特に伴奏者としては、ソリストの息を汲んで合わせ、出るところはすっと出て、掛け合いを大切にするようなピアノにあこがれる。(あくまでも好みの問題です。それになんと言っても、自分が引っ張って行くようなカリスマ性も皆無だし・爆)

今日のピアニストは、そこからもう少し踏み込んだ感じの演奏で、すごく憧れる。


さて、ヴォカリーズだ。
中間部。音が厚みを増して、メロディーも複雑に絡み合って、盛り上がりを増して行く中で、トリップしそうになった(笑)。胸が熱くなった。

いいなあ、息を使う楽器って。
一番ストレートに表現できるのは歌なんだろうな。
息を使う楽器の、空気の流れと歌の表現に憧れる。
弦楽器も、音を伸ばせる分、ピアノよりも息に近いのでは。

ピアノはその分、ハーモニーという強すぎる魅力がある。一人で多声音楽を演奏できる喜びは大きい。

歌うように弾きたい。ピアノの音に、わずかな一瞬でも、息遣いを表現できたら・・・思い残すことはない。
あこがれる。

|

« 音が見えるとき | トップページ | 第8回Dolceの会練習会@参加は5度目 »

「音楽全般」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
『ヴォカリーズ』に吸い寄せられ、またもや出没です♪(笑)
ヴォカリーズ、ホントに素敵な曲ですよねぇ。
あ、でも、#多いです・・・。アレグロより全然少ないですが。。。(T_T)
色々な版があるようですよ!
歌うように弾きたい・・・って思い、胸が熱くなるお言葉でした。
ショパンのバラードでは、「左手弾きながら右手を声に出して歌いなさい!」って何度も言われたことを思い出しました。よっぽど歌えてなかったんだろうなぁ・・・。

投稿: 自由の女神 | 2007年11月 9日 (金) 22時18分

自由の女神さん、こんにちは♪

今日はどうもありがとうございました。今日も練習会楽しかったですね~~(^^)
それにしても女神さん、今日はハードスケジュールでしたね。お疲れではないですか?

「ヴォカリーズ」素敵ですよね!素敵でした!!
歌の母音で歌うのも鳥肌モノですが、この日のフルートも良かった・・・
実はちょっと前に楽譜を手に入れまして。♯4つでした。読みにくいです(泣)

ピアニスティックな歌い方ってあるんでしょうが、あんな演奏を聴くと、こんな風に歌うように弾きたい!と思ってしまいます。

弾きながら歌うの、私もよくやります。
メロディーの歌わせ方を考える時とか。
内声部を聴くためとか。
傍から見ると不思議な光景でしょうね(^^;;;

投稿: kali | 2007年11月11日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/8826401

この記事へのトラックバック一覧です: 歌うように:

« 音が見えるとき | トップページ | 第8回Dolceの会練習会@参加は5度目 »