« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

レッスン#4

今回は、ハイドンのソナタ56番と、アルベニスの港をじっくり見ていただきました。

まず、2曲続けて演奏。よく弾けていますよと、ほめていただきました。
ただ、練習期間の短いハイドンは、どうも自信がありません。そのことを申し上げると、
「まだ時間がありますし、細かいところを音を作っていけば大丈夫ですよ」
と言っていただきました。
こういうところが、先生の大好きなところです。具体的に、しかもどういう状態だったら安心につながるか、ということを的確におっしゃって下さるのです。

細かいフレーズをどう歌うか、ピアノの部分のフォルテの音量や弾き方。
ここは協奏曲風に弾くといいですねとか(ものすごく目ウロコ)
ペダルの入れ方。
最後の方で、表示はPなのですが、かなり小さく弾いている箇所があるのです。
多分、正確とはいえないのでしょうが、ある程度認めてくださって、自由にさせてくださるところもありがたいです。

で、自信のなかったこの曲。なんだか今回のレッスンで、あとこんな練習をつんだら自信がつきそうだな・・・というのが見えてきたような気がします。


アルベニスの港は、ハイドンとの差をくっきり出すとよい。
ハイドンはロココの時代。(私は、かっちりした中に華やかな飾りをつけることにより、色々なものを表現した時代、と解釈しています)対して、アルベニスはもっとくだけて・・・

ということで、出だし部分、くだけて弾いたのですが、テーマがはじまったところで真面目に戻っちゃった。ここもくだけましょうとのこと。モードが戻らないように気をつけなくては。くだけるのは好きだし、頑張ってくだけよう(?)
スタカートの弾き方など、ご指導いただき、後は最後の部分。
最後の2音は、「おわり♪」という感じで弾いたら面白いですねとのこと。

港に最初に惚れたのは、上原由紀音さんの演奏です。
踊り子の靴音、拍手、裏路地、セレナーデ、恋人たちの語らい、しじま、夜明け・・・など、港の情景がモノクロ映画のように場面場面で移り変わり、最後にあたかも幕が下りたかのように締めくくる。聴いていると情景が目に浮かんでくるのです。
その後バレンボイムの激しくガツンと来る演奏を聴き、こんな風もいいな~と思いましたが、
やはり最初に聴いたときの新鮮な驚きを、何とか表現できたらいいなと思います。
先生のおっしゃった2音の弾き方は、きっと私の感じた‘幕が下りる‘じゃないかと思います。
スペインものって、なんでこんなに惹かれるんだろう。

あと発表会まで2週間(実はその前に、手作りショップをやる予定なので、ニット色々製作中)。練習頑張ります♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Dolceの会 ホール練習会

相変わらず遅くてすみませんm(__)m
ホール練習会に参加してきました。

皆さまのご好意に甘えて、双子を連れて行った練習会。早速遅刻しました(汗)
ホールの扉を開けてみると、あたり一面きれいな木肌。
床も天井も壁も全て木目の、とても素晴らしいホールですheart01

ピアノはスタインウェイとヤマハのフルコン。音の響きが素晴らしく、Pがきれいに響く。
ピアノもホールも素晴らしかったですheart01

皆さま、うるさくしてしまってすみませんでしたm(__)m
双子もですが、私の怒り声が一番うるさかったと思いますm(__)m
申し訳ありませんです・・・

弾かせていただいたのは、2台のグラナドス「軍隊行進曲」と、ホルスト「ジュピター」
ソロのハイドンソナタ56番と、アルベニスの港。
素晴らしいピアノだったのに、色々気になり、なかなか集中できませんでした。
本番まで後2週間。練習頑張りたいと思います。

「軍隊行進曲」は楽しく弾けました。子ども達が踊っているのが目の端に見え、おかしいやら気になるやらで、忙しかったです。
ラテンな軍隊だとは思いましたが、ここまでとは。エンリケ、おそるべし(爆)

「ジュピター」は最初こけてしまい、そのまま雑に終わってしまいました。
女神さん、ごめんなさい。本番までに、もう一度丁寧に見直さなくては。

ハイドンはちょっとテンポが速かったです。もう少し詰めなくてはですね。どうもハイドンは自信が無い。。。

アルベニスもやや速かったかな。でも、あのくらいのテンポは予想できるので、こけないように、早く&ゆっくり、色々なテンポで練習します。

長女の帰宅時間も気になったので、今回は速めに失礼いたしました。
もうすぐ本番ですね~なんだかドキドキです。
この曲が好き!という気持ちで、演奏ができたらいいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綱渡り

綱渡りな一日

続きを読む "綱渡り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅刻過ぎです(汗)

Dolceの2台練習会から、一週間以上経ってしまいましたcoldsweats02
いつもアップの遅い私ですが(だめぢゃん)、こんなに遅いと遅刻を超えているかもcoldsweats02sweat01sweat01

練習会では2台ピアノの2曲(というか3曲?)と、ハイドンのソナタを練習させていただきました。

えんりけ。は、てんてんさんが合わせてくださって、本当に弾きやすかったです。ありがとうございますm(__)m
3度の連続がダメダメな私。あれって、どう弾いたらうまくいくのかな~~~(;´д`)トホホ…
ジュピターは、ちょっと突っ走っちゃったかも。本番は落ち着いて弾けるように頑張ります。

ハイドンは、練習期間が短いこともあり、結構焦っています。
先回のレッスンでは、右手Onlyをたっぷりみていただきました。(子どものように^^;;;でも、この練習がすごく効いた)
リズムとテンポキープが難しい~~~そして3拍子感。
先週はメトロノームをかけながら、小節の頭を重みをいれ、コロコロ音を転ばないようゆっくり→速くで、練習しましたが・・・次回のレッスンまでにうまくいくか???それはマエストロなまはげのみぞ知る・・(爆)

次回のホール練習会には、皆さまの優しいお言葉に甘えて、双子を連れて行こうと思います。
うるさくしないように言い聞かせていきますが、おそらくご迷惑をおかけすると思います。
すみませんです・・・m(__)m



発表会の衣装です(^^)
黒のロングワンピースにしました。
中背の私ですが、たまたまトールサイズしかなく、それにしてみたら、ちょうど足首丈でした。結果オーライ(死語爆)
ハイウエストにリボンがついていたのですが、イマイチなリボンだったので、細いベルベットリボンに付け替えました。
胸元に、身頃と同素材・同色のコサージュがついていたのですが、今年はアルベニス!エスパーニャ!ということで、もう少し華やかにしようと思い、赤のモールヤーンでコサージュを編んでみました。
来年はバッハなので、もう少し落ち着いた色のコサージュにする予定(ということは、来年も同じ衣装の予定^^;;;)
あ、靴どうしよう・・・

<追記:こんなコサージュです>





<追記の追加:オーナメント編んでみました。リースが直径5cmくらい>

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »