« 美味しゅうございました(^O^)v | トップページ | 手編み小物色々 »

「ピアノを弾くということ」その他もろもろ

「ピアノを弾くということ。ピアニストは八百屋さん?」花岡千春著

大分前に読んだ一冊。内容細かいところなど忘れていたり、勘違いなどもあると思いますが、とても興味深い一冊でした。

ピアノ演奏の違い~中でも音色や音楽性など~は、その実は音量やタイミングなどの違いに過ぎないとの言に、まず目ウロコです。
加えて、その音楽の作られた時代背景・作曲家自信のスタイル・環境・当時の社会的背景・・・などを理解し、
曲の構成や当時の演奏法なども知ることが大切であると。
そうか、芸術的・感覚的というより、理論的にピアノを弾くということをとらえて説明している本なのか・・・と思いきや、
しかしながら、感性の作り出すものは常に重要である・・・とも。

こういう考え方は好きですね~
ある種の考え方のみでなく、色々な方向から物事をとらえる考え方。私の理想です。
ピアノを弾くって、そういうバランスが大切なのかもと思える。
頭の冷めた部分で、色々工夫を凝らし、かつ感性の呼び声にも耳を澄ます・・・
そんな演奏が、一生に一度でも出来たら、もう思い残すことは無いとまで思えます。

しかし、自分を省みると、テクニック的に足りないものをなんとかしようともがき、この音素敵heart01と思った音を、何とか真似ようともがき、もがきもがきで終わってしまうなあ。
曲の分析と、その作曲家の生涯や時代背景を学ぶ。。。。。遠い道のりだ(ため息)

『楽しい』ということを、なによりも念頭においている(要は趣味の大人のピアノ♪)私にとって、それらを楽しいと思えるかどうか、或いは楽しいと思えるように自分をだます(笑)のが先決です。
テクニック的に足りないものをなんとかしようとするのも、音を聴くことも、どんな作曲家なんだろうと一行でも説明を読んでみるのも、皆同じ。楽しいと思うか、或いは楽しいか否かとは関係なく頑張りたいと思うか。
そんなことを考えさせられた一冊でした。



その他、読んだ本の中で目ウロコだったのは、
ロマン派のロマンとは、もともとは小説という意味だということです。

バロック・・・ゆがんだ真珠
ロココ
古典
そしてロマン・・・小説。

こうして時代の流れを考えると、古典とロマンの間に大きな差があると感じます。
形のある中、感情や力を、その形の中で自由に表現した時代と、
感情や力を、新しい形を模索しながら表現した時代とでもいいましょうか。(素人の勝手な思い込みですので、どうぞ本気になさいませんようm(__)m)


ここ数日、ソナタアルバムの1巻を、頭から順に弾いてみています。
形式とかはよくわかりませんので、和音進行の・・・これも難しいことはわからないので聴いた感じですが。
ハイドンって時々、現代のポピュラー音楽みたいな響きがします。
その当時、そうした響きが一般的であったのかどうかはわかりませんが、現代に生きる自分の耳には、すごく斬新に聴こえます。
モーツアルトの斬新さは、また違う。
予想もつかない響き、その音なの?なぜ?しかも何でそんなに美しいの?と嘆息するような響きがする。
これからベートーベンに入るので、どんな響きがするのか、気付けるのか、楽しみにしたいと思います。

とりとめも無い話を長々と、すみませんsweat01
ここまでお付き合いくださった皆様、どうもありがとうございましたm(__)m

|

« 美味しゅうございました(^O^)v | トップページ | 手編み小物色々 »

「ピアノと私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/29501980

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピアノを弾くということ」その他もろもろ:

» 白ワイン [白ワイン]
白ワインは人生を楽しく味わい深いものにしてくれます。白ワインのおいしさや楽しみ方などを紹介するブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 14時15分

« 美味しゅうございました(^O^)v | トップページ | 手編み小物色々 »