« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

地麦酒でプロージット!!!

昨日は楽しみにしていた、今日も飲もう会@湘南地麦酒の宴でした(^^)
今日も飲もう会メンバー、及び飲もう会を見守る会の皆様、総勢7人で、地麦酒とイタリアンを堪能しました。

こちらのお店は、もともと日本酒の造り酒屋なのですが、ドイツで麦酒作りを学んで来られた後、地麦酒レストランも始めました。
以前ドイツで飲んだビールとよく似た味で、私は大好き~!!

ドイツは、旦那が長期出張中に遊びに行きました。
その時、北ドイツで飲んだアルトビールがめちゃくちゃ美味かったんです(^^)
少し淡い黒ビールで、こくがあって飲みやすく、すっかりファンになりました。
このアルトビールに、こちらのレストランの地麦酒がよく似ています。
そんなわけで、雁家ではよく行くレストランなのです^^


今回も真昼間なぞなんのその!!!
飲んで食べて、しゃべって笑ってまた飲んで・・・と大盛り上がりでした。
おつまみで出て来るモルトが、お子ちゃまのお気に入り♪になっていたのが印象的でした。
うちの子供たちも皆あれ大好きで、いつも取り合いなんです。
ちょっとうす甘くて、香ばしくて、なんだか癖になる味なんですよね。
結構ハマります、大人も子どもも。


日本酒もいけますし、ビールカクテルとかもあるので、、、、とご紹介しようと思っていたのに、飲んで笑うのに忙しくて言うの忘れちゃいました(爆)
またあそこで飲もう会を開催して、次回は是非日本酒とかも行っちゃいましょう!!
飲もう会&サポーターの皆様、今回もお世話になりました。
プチリゾートな距離(笑)ですが、是非またいらしてくださいね!!!


私信:てんてんクワレンタさん
お土産どうもありがとうございました。
すごーく美味しかったです(^^)


早速次回と次々回の予定も決まりました。
次回はジンギスカンで飲もう会、次々回はアイボリーなデジピで飲もう会(^^)
またよろしくお願いします!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キャンプ♪

キャンプ♪
キャンプ♪
昨日から一泊でキャンプに来ています。
昨日は一日遊園地で遊び、今日はウォークラリーとアスレチックの予定。
山の中なので、坂道を上り下りの二日間。少しはダイエットになるかしら(笑)

写真は、疾走するペリカンとパディントンベア。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターと謎のプリンス

映画を観てきました。
原作は大分前に読んだので、正直言ってほとんど忘れてます(爆)

生身の人間が演じる・・・・すごく大きいですね。
活字大好き、人の心もその場の様子も、自分の心の中で自由に想像できる活字が大好きです。
でもこうして、生身の人間が演じ、リアルに視覚に訴える。この力はやはり大きいです。
わかりやすいし、その人の心の内を、生身の表情で訴えかける。その力は強いです。

活字の自由さが好き。訴えかける力が、あるひとつの解釈を与えられるようで、時に重く感じられることもあります。(指輪物語映画がそうだった~)

でもね。今日映画を観ていて、実生活はむしろこちらなのだと感じました。
人が人と接する時、心のうちを知らず知らずのうちに表情など見える形で出してしまうことは多いと思う。
隠そうとする時もあるが、そこにも「隠したい」という意志が見えてくる。

作者が、というよりその登場人物がなにを語りたかったのか、活字媒体の場合、どのように書かれているか、読み手がどう読み取ったか、それは個人的なことである。
こうして映像化され、全世界に発信された場合、あるひとつの解釈がグローバルになる。
でも、それだって、受け手によって違いがでてくるはず。


書にも映像にも、それぞれ自由さがあるのだろう。縛りも同様に。


ある、最終局面で、ダンブルドア先生の見せた表情に、これは物語が完結したからこそでてくる表情なのだろうなと、共感したのでした。



物語はいいな。物語世界に入ることができるのは幸せだ。
自分の経験したことの無い、経験できない状況や感情をなぞることができる。
本も映画も、体験できるのはやはり幸せだ。

映画を観終えて、真っ先にこんな気持ちになりました。
物語があって、物語と親しくできて、幸せです。

さて、雁は明日より帰省のため、しばし留守にします。
週明け復帰予定です。
皆様、楽しいお盆休みをお過ごしくださいませ(^^)
渋滞コワイ・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 全曲 ピアノ譜

書店で、こんな楽譜を見つけました。








バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 二短調 全曲 ピアノ独奏版


そう、シャコンヌの入っているパルティータです。

ピアニストの菊地裕介さんが、シャコンヌ以外の4曲、第1曲アルマンド・第2曲クーラント・第3曲サラバンド・第4曲ジーグを編曲し、第5曲シャコンヌはブゾーニ編曲が入っています。

少し前に、新聞の記事で、このパルティータ全曲演奏をした菊地さんのことを知り、その編曲を聴いてみたいなあ・・・と憧れていたところでした。

それが、出版されていたなんて!!!!神様仏様全音様~~~~ありがたやありがたや(^^)


早速音出しをしてみました。


ほんの一度音出しをしただけですが、これはバロックなんだ、古典なんだと強く感じました。
音を出すだけで必死な私にとって、ブゾーニ編曲をして、ロマン的かどうかを論じることはできないし、またロマン的であろうと古典的であろうと充分な表現もできない。
でも、こうして音出しをしてみたら、今までとは違う印象を受けたのは確かです。
あくまでも印象のみではありますが。

大きすぎる、偉大すぎる、魅力あふれる、愛してやまない曲。シャコンヌ。
きっと、一生追い続けていかないとなんだろうな、追い続けたいなと思ったのでした。


さて、そのブゾーニ編シャコンヌですが、詳しい解説が書いてあり、すごーく目ウロコでした。
ありがたいのは、ドイツ語で書かれた楽語に、邦訳が書かれていること。とってもとってもありがたいです。そんなことが書かれていたの????とびっくりした箇所もありました。
また、手の小さい人用に指使いが工夫されて書かれてあり、これもありがたい。
届かない音のばらし方も書いてあり、すごく役立ちます。
各ポイント毎の詳しい解説~~~原曲と照らし合わせたり、ブゾーニが加えた楽語、菊地さんの解釈~~~など、読みやすく素晴らしい。

これで1400円は、本当にお買い得でした。
座右の譜となりそうです(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うさうさ脳

あるお方の記事を読んで、思い出しました。

うさうさ脳


手を組んだ形でインプット脳を、腕を組んだ形でアウトプット脳を診断するらしい。
手を組んだ時、右の親指が上に来るか、下に来るか。
腕を組んだ時、右腕が上に来るか下に来るか。


ちなみに私は・・・


うう女


「無鉄砲なチャレンジャー」


>これ!と思ったらまっしぐら・・・選曲にも表れています(爆)

>ノリと流れで危ない方向へ平気で飛び込んでも、上手くこなす不思議な身のこなし・・・某やきとん屋さんでの、トイレウォークとか(爆爆)

なんと言っても

>無鉄砲なチャレンジャー・・・それこそ、選曲にも現れています(爆爆爆)


さて、皆さんはどちら?


(ちなみに、他ブログでの、うさうさ脳に関する過去記事はこちら

| | コメント (10) | トラックバック (0)

夏休み

夏休みに入って2週間。そろそろ飽きてきた>私・爆(子どもではなく)
今日は子ども達が夕刻まで、公民館の子ども囲碁教室に出かけているため、超久しぶりにのんびりです^^

のんびりついでに、一人お八つを食べてみた。
ところてんに黒蜜とつぶ餡を乗せた、即席あんみつ(?)
ところてん好きなので、結構イケました^^

大分前、GW明けくらいに映画「ラ・ボエーム」を観ました。
もともと大好きなオペラで、高校生の頃はまり、当時のカセットテープが伸びるまで聴きまくった曲です。
映画は・・・オペラを映画の映像で見せてくれた・・・って感じでしょうか。当たり前(爆)
細かい役者の演技とか、舞台装置とか、リアルな分、今まで全く気付かなかったところに色々気付けて、良かったです^^
特に面白かったのは、重唱部分。
それぞれの登場人物のテーマのフレーズが、入り組み重なり合ったところが、演技とあいまって、よく聴こえてきました。以前は、全然わからなかったので、目ウロコでした。


そして、今とっても観たい映画がこれ。

「クララ=シューマン 愛の協奏曲」

クララ・ロベルト・ヨハネスの三角関係がどう描かれているのか。観にいきたいな~~



でもって、今読んでいる本がこちら。

「ストラヴァガンザ」3部作

以前も読んだ本で、サイドバーにも挙げてあるファンタジーです。
1冊700ページくらいで、長い本が好きな私には心地よいです。
選択ということについて考えさせられます。


で、次はピアノ(笑)
バラード1番は・・・・

進展なし(爆)

いつか弾けるようになるんだろうか・・・(ため息)

シャコンヌは・・・・

覚えられん(爆)

冬までに暗譜できるかなあああああ。


この2曲で今年一年明け暮れているので、やっぱりあきます。好きでも飽きる時は飽きますね(爆)
今日は、バラシャコそっちのけで、ピースを引っ張り出して弾いてみました。
バッハのフーガト短調とか、ショパンの雨だれとか(ををを。遊び弾きもバッハとショパンだ(@@)
どちらも何年かぶりで弾いたので、すっごく新鮮でした。
ちょっと新しい曲も弾いてみたいけど、弾きたい!!っていう新曲が見当たりません。
これ弾きたい!!!っていう楽譜に、そろそろ出会いたいなあ・・・
30年間憧れ続けた曲を弾いているのに、贅沢でしょうか(爆)
(関係ないけど、バラシャコって響き、気に入ったぞ・笑)

そうそう。長女の吹奏楽部は、地区大会で金賞でした。次は県大会です。
毎日、部活に勤しんでいます。
塾の夏期講習もあるし、中学生は本当に忙しいですね。
部活に燃えるのは、とてもいいことだと思うけど、親としては、そろそろ学習の方も気になる中2。
まあ、頑張ってくれ・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »