« 黒のワンピース | トップページ | 上野の森で博物館めぐり »

のだめ最終巻

今週は、久しぶりにレッスンに伺いました。
シャコンヌを2時間近く、びっちり見ていただきました。

♪今回のポイント

・右手和音は一番上の音(小指)を最も出す
・はずすことを恐れず、まず音楽的に演奏することを考え、次にはずした部分を修正する
・フォルテとピュウ・フォルテの違いを表現する
・指の付け根を強く、形を崩さず弾く
・最初のフレーズ、緊張と悲嘆の中、6度で一旦ホッとし、再び緊張へ。次のフレーズでは6度は2回目なのでそこは緊張を持続し、属7まで持ってゆく
・両手スケール、音のバランスに気をつける。クリアにきらめくように弾く(ために、右手をはっきり出す)
・速いパッセージ、速度を上げてゆく段階ではどんどん速くするが、弾けるようになってきたらそんなに速いと考えなくともよい。一音一音鍵盤の奥まで弾く。音楽的に弾く
・和音の中で、出す音・出し過ぎない音を考える。ぶつかる音は控えめに

まだまだありますが(特に歌い方など)、主としてこんな感じでした。
技術的なことは、ある程度理解できましたが(弾けることとは別)、3番目の音色の違いなどは、これからじっくり考えなくてはです。
音楽的に弾くこと・和音の弾き方・全部の音を鍵盤の底まで弾く・・・特に和音は苦手sweat01なのですが、
あとひと月、少しでも近づけるように頑張ります!!!


で、今日は、健康診断でした。
体重もほぼ昨年と変わらず、血圧も107と65といった感じで安定していたし、自分的には健康そのものscissorsまあ、結果を見なければわかりませんね^^;;;
今回はマンモグラフィーがありました。

「マンモは今までやったことありますか?」
「はい、2回目です」
「では、ご存知でしょうが、これはとても痛い検査なんです・・」

そう、1回目も痛かったけど、今回も痛かったsweat01
上下からつぶれアンパン型にはさむのは、さほど痛くないんだけれど、左右からつぶれフランスパン型にはさむのが痛いsweat01sweat01
あまりに痛い顔をしていたせいか、フランスパンのときは「頑張ってください」と励まされてしまいました^^;;;
まあ、普段ストレスの無い生活をしているので、たまには頑張ることも必要ですね(違爆)
マンモやると、バリウムなんて怖くないという気分になります(これまた違爆)
健康診断はやはり受けておいたほうが、自分も家族も安心できますね。


で、最後に表題ののだめ最終巻感想。
以下、ネタばれ含みますので、折りたたみます。

のだめ最終巻の感想


どう収束するのかな・・・と思っていましたが、いい感じでまとめてあり、良かったです~
ベトベンのソナタを弾いているシーン、良かったなあ^^
で、あの曲~~~~
あそこでああ使われるとは、思っても見ませんでした。
これって、小説だったら伏線使いが上手いとか、楽曲だったら第1楽章のテーマが最終楽章に形を変えて印象的に登場しているとか、ということになるのでしょうが、
感情的には、そうだ、あの曲だったんだ、あちらの曲が発見だとしたらあの曲こそが出会いであり、最初のつながりだったんだ・・・・・と、しみじみとしたものを感じました。
好きな作曲家なので、尚更かと思いますが。
そこで、千秋先輩の独白が素晴らしくいい。

「こんな喜び」・・・文脈からは、出会いの喜びであり、音を合わせふくらませる喜びなのだろうが、ただ一人で弾いているときにも、音を合わせる出会いと同様、ひとつの音を見出す出会いがある。
そう、こんな喜びがあるから、だから音楽が好きなんだ。

リュカのさらっとした一言も良かったです^^結局そこだよね。
浮かれたミルヒの、実は一番二人を見抜いている一言も良かったなあ。

てんてんさん~~~
1楽章だけじゃなくて、全楽章行っちゃいませんか~~~♪

|

« 黒のワンピース | トップページ | 上野の森で博物館めぐり »

「のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
レッスンお疲れ様です。一曲2時間はとっても充実してそうですよね~

健診もお疲れ様でした。
マンモ!フランスパンに笑いました。
そうなんです。そちらは激痛なんです。
授乳を経て乳房の芯なんてすっかりなくなって地面に向いているというのに、何であんなに痛いのでしょう(笑)

のだめ最終読まれましたね(^O^)
なかなか納得の行く話の持って行き方で満足できました。
雁さんの感想の表現も素晴らしい。
私は「ほうほう」「原点に戻る」とかだけ(笑)

千秋やリュカの言葉はプロからアマまで音楽やっている人全部が心すべき内容ですよね。
ついつい目先の楽しさや華やかさに持ってかれてしまいますもの(^_^;)

全楽章!!!
いいですね。受けて立ちますとも(笑)
3つともダイスキです。
一年間ちびちび練習すれば何とか行けそうですね(私が(^^;))

ではでは、その前に胸ポロ火祭りがありますが、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: てんてんクワレンタ | 2009年11月29日 (日) 13時32分

てんてんクワレンタさん、こんにちは♪

>レッスンお疲れ様です。一曲2時間はとっても充実してそうですよね~

充実の2時間でした^^
曲も長いんですが、楽譜を自分がいかに見ていないか、反省の嵐です~^^;;;

>マンモ!フランスパンに笑いました。

ありがとうございます(笑)

>そうなんです。そちらは激痛なんです。
授乳を経て乳房の芯なんてすっかりなくなって地面に向いているというのに、何であんなに痛いのでしょう(笑)

あれは何であんなに痛いんでしょうね~
中身はすべて吸い尽くされたはずなのに!(爆)

>のだめ最終読まれましたね(^O^)
なかなか納得の行く話の持って行き方で満足できました。

育児で大変なときでしょうに、上手くまとめてありましたね。
てんてんさんも満足でしたか^^
音楽と恋、両方同テンションだったのが良かったです♪

>雁さんの感想の表現も素晴らしい。

ありがとうございます^^
言葉にせずにはいられない性分なのです^^;;;

>私は「ほうほう」「原点に戻る」とかだけ(笑)

いやいや、一番簡潔に表現されていて、いいなあと思いますよ。
私もそういうことが言いたいのに、なぜか回りくどくなってしまう(爆)

>千秋やリュカの言葉はプロからアマまで音楽やっている人全部が心すべき内容ですよね。

確かにそうですね!
それが何よりもの原点なんだろうなと思います。
個人的には、リュカの一言が効きました^^

>全楽章!!!
いいですね。受けて立ちますとも(笑)
3つともダイスキです。

わ~!!
ありがとうございます♪
かの方の緩徐楽章、大好きなんです。
頑張りますのでぜひよろしくお願いします!!!

>ではでは、その前に胸ポロ火祭りがありますが、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

オネエサマ方を目指して頑張ります!
発表会でも、飲むほうも、そして来年以降も、どうぞよろしくお願いします!!!

投稿: 雁 | 2009年12月 2日 (水) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/32406570

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ最終巻:

« 黒のワンピース | トップページ | 上野の森で博物館めぐり »