« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

遊音倶楽部 First Concert Op.3

週末はついに、待ちに待った『遊音倶楽部 First Concert Op.3』が
都内某所にて開催されました。

楽しかった~!!!面白かった~!!!


最高の一日でした(^^)


遊音倶楽部の仲間たちは、皆さんすばらしいピアノ弾きです。
演奏力のすごさはもとより、音色も多彩で個性あふれ、いつもすばらしい演奏を聴かせてくださいます。
ピアノにはとことん真剣!そしてあふれる遊び心♪
ということで、今回の発表会では、最初のプログラムから、楽しさ全開でした(^^)

着ぐるみを身にまとっての演奏や、コスプレ(?)演奏、ほろりとおしゃれな企画や、乾杯演奏(?)など、楽しいパフォーマンスがたっぷりでした。そして皆さん、めちゃくちゃ上手い!!!
聴き応えのある、惚れ惚れする演奏を、たっぷり贅沢に堪能させていただきました。



自分の演奏は、2台から始まりました。

てんてん40さんとご一緒した「火祭りの踊り」は、私が数え間違えてしまい、冒頭部を倍弾いてしまったり、ラストも一小節抜かしかけたり、ご迷惑をおかけしてしまいましたm(_ _)m
音も山のように外してしまいましたがsweat01sweat01sweat01てんてんさんと弾くスパニッシュはやっぱり楽しい~~~
来年はスパニッシュではありませんが、スパニッシュ魂で頑張りますので、またよろしくお願いします!!!

自由の女神さんとのペアは今年で3回目。ゴールデンペアと、勝手に思っています♪(^^)♪
「リベルタンゴ」は、切れよく、少しルーズに演奏できたのではないかと、思います。
自分的には大満足♪の演奏でした。
来年は何やりましょうか~~~またぜひよろしくお願いします!!!


ソロは、バッハ=ブゾーニのシャコンヌを弾きました。

シャコンヌは長い曲で、通常15分位かかります。私が弾くと15分半くらいです。
こんな長い曲を弾かせていただける機会は、なかなかありません。
この曲を弾く機会を与えてくださった倶楽部の皆さんに、まず感謝申し上げたいと思います。お付き合いくださって、どうもありがとうございました。

練習したのは2年間ですが、弾き終わった時、今までのピアノ人生全て分だったような気がしました。
あこがれ続けて30年近くなるこの曲には、特別な気持ちを抱いています。

直前レッスンで自分の演奏を録音して聞いて、かなり凹んだのですが(レッスン内容で凹んだわけではありません)、発表会の朝は、とにかく「自分の弾けるようにしか弾けないのだから、自分の弾けるように思い切り弾こう」と、気持ちを切り替えました。
音もうんと外したし、思いもよらないところで落ちたりもしましたが(^^;;;
何か大いなるものへの憧れと、畏敬の念だけは持って弾けたと思います。

今回は掟年齢と言うことで、トリで弾かせていただきました。
演奏後、うれしい声をかけていただき、お辞儀をしながら思わずじわっときたんですよ~(ここでこっそり告白)
恒例のひとつとしてかけて頂いたのですが、それは自覚しつつも、あのお声がけは、本当に素直に嬉しいですし、感激しました(^^)
皆さん、どうもありがとうございました。

大きすぎる曲を弾き、今燃え尽きた気分です。
シャコンヌを弾けて、本当に良かった。
また何年後かに弾きたくなるかもしれないし、自分としては一生かけて追い続ける曲だと思うのですが、でも、今弾けて本当に良かった。
いろいろな人や音楽にお礼を言いたい。感謝したい。そんな気持ちです。


今年一年間、遊音倶楽部の皆様には本当にお世話になりました。
すごく、すごーく楽しい一年でした。
来年も、そしてこれからも、皆で集まって、飲んだりしゃべったり聴いたり弾いたりして、ピアノを囲んで楽しく遊びましょう!!!
これからもよろしくお願いいたします♪



月曜日は、今日しか行く日が無い!ということで、のだめ映画を見に行きました。
コメディーなのに、そして内容コミックで読んで知っているはずなのに、ほろりとくるシーンがあったり、良かったです。
そして、一番良かったのは、燃え尽きた気分が少し持ち直したところです。
できたらもう一度、見に行きたいな~

| | コメント (14) | トラックバック (1)

のだめが~???

のだめ映画最終楽章公式サイトの、ニュース11月16日の記事にて発見。


のだめ映画の、のだめ演奏シーンは、ラン・ランが演奏しているそうです。
記事によると「のだめになりきって演奏」している模様。また、オリジナルサントラ「のだめカンタービレ 最終楽章」でも、その演奏を聴けるそうです。

こちらのページで、サントラ全曲試聴できます。
最初のモーツアルトから、のだめ=ランランはじけてます(笑)

ますます楽しみ~~~~!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上野の森で博物館めぐり

昨日は、家族で上野の森へ博物館めぐりに行きました。

まずはこちら。

冷泉家 王朝の和歌守展

百人一首ファンの長女の希望で行きました(私も行きたかった^^)。
書と絵、軸などの展示でしたが、混んでました~~
以下、見て面白かったこと。

・歌詠みの家系=歌詠みも多く出るが、編者・選者も多く出る←多くの私家集(個人的に収集した和歌集)を所有していて、選び出すための素材を多く持っている
・冷泉家にとって、古文書の蔵が神社的役割を果たしている→当主が毎朝拝礼
・カタカナはもともと僧の文字だった(お経<外来語>を唱えるのに、発音・書く速度の上で便利だった?)

普段、こうした展示を見るとき、長女と私は完全別行動です。
途中、ばったり出会ったので、「あっちに百人一首が色々あったよ~」と言ったら、そのままはまったらしく。
私は1時間ほどで見終えたのですが、長女は1時間半ほど、たっぷりと見てきたようです。

お昼に、文化会館前の屋台の焼きそばが美味しそうだったので、買って食べました。
で、食べ終わってパックをレジ袋に入れて口を閉め、ちょっと脇においておいたら、なんと、

カラスが引っ張って行ってしまった(@@)

すぐにほおり投げたので、旦那が奪い返しゴミ箱に捨てましたが、

いや~驚いた驚いた。

あそこは外で食べてちゃいけなかったのかも。気をつけよう。



で、その後はこちら。

国立科学博物館

日本館と地球館に分かれており、この日は地球館を見ました。
いや、本当は全部見たかったんだけど、想像していた以上に広い!!見るところが多い!!!
地球館も、地上3階地下3階、屋上ハーブガーデンもあり、結局全部見切れず、恐竜の骨は次回持越しとなりました。
コンピュータの歴史が面白かったです。
最初のころの計算機とかがあり、中には連立9元方程式を解く計算機(手動)なんてのもあり、何がなんだかわからないが面白い~
ある年代以上の人には懐かしい、カシオの計算機(ぐるぐる回すやつ)や、計算尺なんかも展示してありました。
計算尺って、子供のころ教科書の資料集で見たような覚えが・・・(中高年爆)


で、これだけ見て一日遊んだのに、入場料は大人のみ。小中学生は2館とも無料でした。
博物館&美術館めぐり、(子持ちお金のかからない)レジャーにはぴったりですね^^

帰りに、一度入ってみたかった文化会館のロビーに入ってみました。音楽好きなのに、今まで入ったこと無かったので(汗)
ロビーのみ、滞在時間45秒ほどでしたが(爆)通り抜けてみました。それだけです(爆爆)

さて、たっぷり遊んだので、今週は練習頑張ろう~~rock

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »