« 上野の森で博物館めぐり | トップページ | 遊音倶楽部 First Concert Op.3 »

のだめが~???

のだめ映画最終楽章公式サイトの、ニュース11月16日の記事にて発見。


のだめ映画の、のだめ演奏シーンは、ラン・ランが演奏しているそうです。
記事によると「のだめになりきって演奏」している模様。また、オリジナルサントラ「のだめカンタービレ 最終楽章」でも、その演奏を聴けるそうです。

こちらのページで、サントラ全曲試聴できます。
最初のモーツアルトから、のだめ=ランランはじけてます(笑)

ますます楽しみ~~~~!!!

|

« 上野の森で博物館めぐり | トップページ | 遊音倶楽部 First Concert Op.3 »

「のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コメント

何と!のだめ役がランランですか!?(ピアノだけだけど)
コミックのオプションのDVDにランランがうんたらとか書いてたけどまた観てませんでした^^;

いやぁ、彼の四半生伝記を読んだ時はのだめカンタービレの実写版?とか思いましたもの。
ピアノの独特さものだめ風ですよね。
お父さんがこの仕事請けたのでしょうか。
巨匠になってしまうとこんな役も回って来なかったことでしょう。

試聴してこないだの448に続き、ゾクゾク来ました。彼のタッチは素晴らしいですよね。
とても強靭な筋肉でコントロールされた繊細なタッチ。遥か銀河の向こうですが、憧れます^^

投稿: てんてん40 | 2009年12月10日 (木) 23時34分

てんてん40さん、こんにちは♪

>何と!のだめ役がランランですか!?(ピアノだけだけど)

そうなんですよ~もうびっくりです。
視聴データを聴くと、のだめ=ランランがすごく自然に感じます(^^)

>いやぁ、彼の四半生伝記を読んだ時はのだめカンタービレの実写版?とか思いましたもの。

あのお父さん、強烈でしたね。

>お父さんがこの仕事請けたのでしょうか。
巨匠になってしまうとこんな役も回って来なかったことでしょう。

若きマエストロだからこそ、依頼するほうも依頼されるほうも可能だったお役だったのかもしれませんね。
鑑賞する側にとっては、とってもラッキーなことです~

>試聴してこないだの448に続き、ゾクゾク来ました。彼のタッチは素晴らしいですよね。

あのロマンティックなタッチは、よほどの強靭な肉体と指と腕が無くては、なし得ないものなんでしょうね・・

>とても強靭な筋肉でコントロールされた繊細なタッチ。遥か銀河の向こうですが、憧れます^^

てんてんさんもですか。私も憧れます。
憧れから何かが芽吹く・・と信じ、今日もあがくことにします^^

投稿: 雁 | 2009年12月13日 (日) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/32551773

この記事へのトラックバック一覧です: のだめが~???:

« 上野の森で博物館めぐり | トップページ | 遊音倶楽部 First Concert Op.3 »