« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

ボサノバ♪

華麗なるピアニスト ボサノバ



ボサノバは結構好き♪あまり色々は知らないけど・・・
中でも大好きな曲が入っていたので、購入してみました。
好きなのは、「イパネマの娘」「黒いオルフェ」「おいしい水」







で、他にもアレンジ物が色々入っています。







まだ全部弾いていませんが、なかなか楽しいです^^

って、バラ1はどうなった????(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆へGO!

週末、家族で伊豆に一泊で出かけました。

春とは名のみの寒さの中、まずは伊豆サイクルスポーツセンターへ。
自転車だらけです(笑)。
色々な面白自転車・・・横に動くのとか、後ろ回しにこぐのとか、前輪が大きく後輪が小さいのとか・・・に乗ってみたり、どこか懐かしい乗り物に乗ってみたり。
曲乗り(?)・・・なんていうのかわからない^^;;;スピンしたり斜めに立って乗ったりするのです・・・のショーを見たり。
あんびりーばぼーなこともあったりしましたが^^;;;、とっても楽しいレジャー施設でした。
おかげで現在筋肉痛(爆)


宿について、温泉に浸かった後に、夕食です。







どれも美味しかったけど、山芋をバター焼きにした上に、焼き物(ぎんだら?)をのせた一品がお気に入りでした。真ん中奥の、はじかみが乗っているお皿です^^



食後は、フィギュアスケート世界選手権女子シングルの、浅田真央選手の鐘を見た後、カラオケタイム♪


浅田真央選手、世界選手権優勝おめでとうございますheart01
男子シングルの高橋大輔選手とともに、アベック優勝heart01heart01
今年は、ジュニア世界選手権でも、男子シングル羽生結弦選手と、女子シングル村上佳菜子選手ともに優勝で、アベック優勝の二乗です。本当に素晴らしいことですねheart01heart01heart01


いつものように、カラオケで懐メロを歌い、自転車疲れもあり爆睡sleepy


次の日は、伊豆オルゴール館へ。

ここには、自動演奏ピアノがありました。
ロールピアノというんでしょうか、紙にパンチ穴の開いたオルゴール楽譜を入れての自動演奏です。
何回かある説明&演奏タイムの合間の時間に、係りの方がいろいろ質問に答えてくれるのですが、そのときにお願いして聞かせていただきました。
ラフマニノフが自作の前奏曲(だと思うのだが、後で調べます)を演奏したものです。
説明では、演奏者のタッチや強弱、ペダルなども再現しているとのことでした。
まず、録音用のピアノで演奏を録音(紙製データ作成)をし、再現は別の楽器でするのだとか。

なかなか興味深かったです。
例えば、なんかやたらと一度にたくさん鍵盤を弾いてる。連弾かと思いました。
で、これは想像なのですが、ペダルで伸びている音は、再現上鍵盤が下がったままになるのかも。音が伸びると言うことは、弦からおさえ(?ダンパーでしたっけ?自信ない)が離れている=鍵盤が下がっているということですものね。実際にはダンパーペダルを踏むことにより、おさえを離している状態だとしても、構造上はそういうことなのかも。

説明タイムには、いろいろなオルゴールの演奏を聞かせてもらえるのですが、その中で再びロールピアノを聞かせていただきました。
今度ショパンのバラード1番。なんかずれている気がしましたが(紙もラフマのより古そうだった・汗)、最初の1ページ弱を聞かせてもらいました。
誰の演奏か、後で聞いてみたら、ブゾーニのでした。
ラフマ(1873~1943)ブゾーニ(1866~1924)ですから、ブゾーニの方が少し古いですかね。

その他にも、大統領のピアノ(100年前の楽器)を弾けるなんてのもあり、私は弾きませんでしたが、他のお客さんの弾いた音を聴くと、柔らかいロマンチックな音でした。

しばらくぶりのオルゴール館でしたが、楽しかったのでまた行ってみたいです。
ビデオも撮ってきたので、またラフマ Plays ラフマと、ブゾーニ Plays ショパンバラ1をじっくり聴いてみようと思います。
自分もバラ1、頑張るぞ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィギュアスケート世界選手権

2010年フィギュアスケート世界選手権男子シングル
高橋大輔選手優勝おめでとうございます。



フィギュアスケートはTV放映していれば大抵見てはいたが、さほどファンと言うほどではなく、それも女子の方を見ることが多かった。

それが、バンクーバーオリンピックで、男子フリープログラムの演技を見て以来、高橋大輔選手の俄かファンになってしまった。

以来一ヶ月、過去の演技映像やインタビュー映像を見まくっていた。


バンクーバーのフリープログラムを見ていて、急に「・・・こんなピアノを弾きたい」と思った。

今まで、色々なピアニストの演奏を聴いて、「こんなピアノが弾きたい」「こんな音を出してみたい」「こんな風に弾きたい」と思ったことはたくさんある。
他の楽器や歌を聴いて「こんな風に弾きたい」と思ったこともある。

しかし、音楽以外で「こんな音で弾きたい」と思ったことは一度もなかった。
スポーツよりは芸術と言う点に関しては近いと思われる美術でも、音楽と並んで好きでたまらない本でも、こんな風に感じたことは一度もなかった。

高橋選手のあの「道」の演技を見たときの感動は、今までにない体験だった。

そのときはとても言葉には出来ないと思ったけれど、今になって考えてみると、確かな技術の上に成り立った、力強かったりしなやかだったり、時にはコケティッシュだったりする動き、何よりもその音に感動し、そしてその感動をそのまま表現する演技。
動きと演技を音と演奏に変えれば、そのときの言葉にならない感動の一部をあらわせるかなあと思う。


2008年秋、右ひざの靱帯断裂と言う大怪我をし、手術。フィギュア選手としてはその後第一線に戻った選手はほとんどいないと言われるような状況から、同年クリスマスに退院。
その後1日8時間のリハビリを続け、4月にようやく氷の上に戻り、ジャンプの練習を再び始めたのは5月以降。
怪我後、スケートに復帰してから一年たたないうちに、オリンピックで銅メダル、世界選手権で金メダル。
本当に偉業だと思います。

かつて、試合でジャンプ一つ失敗するとその後立て直せない心の弱さを、落としたら砕け散るガラスに例えて、「ガラスのエース」などと言われた高橋選手。
怪我のみならず、色々な困難を経験するたび、そのガラスを何枚も重ね
て厚く硬くしてきたように私には思えます。

高橋選手のガラスのハート、私は好きなのです。
自分の弱さも感動も、全部まっすぐ見つめて、てらいなく表現できるのは、ガラスの透明さがあるからこそと思えます。
ガラスが薄かったら、何枚でも重ねて厚くすればいい。
今の高橋選手は、仮に落としたとしても、少しくらいひびが入っても、簡単には割れない、自ら修復できる厚いハートの持ち主に思えます。

「自分の弱さは強さでもある」
高橋選手は語っていたそうです。
その弱さを認め、見つめ、自分のものに出来るから、だからあんなたおやかな表現が出来るのかも。

世界選手権、ショートもフリーも1位で、完全優勝ですね。
高橋選手、本当におめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ

↑なんつうタイトルじゃcoldsweats02

先週以来、風邪を引いたりピアノを弾いたり(爆)出会いがあったり俄かファンになってみたり、気持ちだけ(^^;;;)慌しくすごしていました。



てんてん40さん宅で開催された『第2回高機能デジピで飲もう会』
楽しかったです~~~!!!
高機能デジピはすごいheart02
てんてんさんがオケ伴奏付きで演奏してくださったのですが、バッハのピアコンが超素敵でした。
ワンちゃんがかわいかった~~dog
とってもキュートなお顔立ちで、そばに来てくれると嬉しいhappy01
女神さんのヴァイオリンと、まーみさんのフルートも聴かせていただき、とっても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
雰囲気サイコーの漁風居酒屋で、美味しい海の幸と当然beerもたっぷり堪能しました。
次回飲もう会もとても楽しみです~~heart04



ピアノの方は、バラ1が6月の発表会に向けて、レッスン内容も濃さが増していっています。
お声をかけていただき、ちょっと弾く機会があったのですが、柄にもなく(?)緊張してしまい、肩も腕もガチガチで、ちっとも弾けませんでした。
ゆっくり練習のさなかに、人前用にテンポアップして弾くと当然上手く弾けないなあと、過去の自分も思い出して反省しました。
まあ、頑張った!と思って弾いてもコケル(>シャコンヌ)ことも普通だし、練習半ばであると自己認識した上で人前で弾かせていただけるのは、すごく勉強になります。
まだまだ6月まで時間があるし、これからこれから!!!

先日のレッスンも大変充実した濃い内容で、速いパッセージの練習方法・苦手なオクターブの練習方法など、色々教えていただきました。
前半にあるゆったりしたパート(67小節~)、大好きなのでついつい時間をかけて歌ってしまうのですが、もう少し流れを大切に止めない方が良いのではとのことです。ついやりすぎてしまう私(^^;;;;

先生はすごく自由にさせてくださる先生で、「私はこういう風が好きですが、好みで選んでください」とか、「色々なやり方を試してみてください」とか、自主性を尊重してくださるのです。
すごく楽。
なので、教えていただいたことは出来る限りやってみようと思います。その上で自分で考えようと。

もう一曲、バッハの「半音階的幻想曲とフーガ」を練習しています。
シャコンヌが抜けきらず、ちっともバッハじゃないのを1回目で持っていってしまったので(^^;;;)、今回はちょっと気をつけるようにはしましたが、まだ引きずってる(汗)
つい、ジャーンとやりたくなっちゃうので、もっとクリアに弾けるよう、また頑張ります。

もうすぐ春休み。
長女は春から中3。いよいよ受験生突入です。
塾の新学年説明会に出席して、親も気を引き締めなきゃと思いました。
それにしても、今の中学生は大変だ。
部活も忙しいのに、塾も半端ないし、学習内容も難しい。
行きたい高校があるので、それに向けて充実した日々を過ごして欲しいです。
新しい知識も、難しい問題に頭を悩ますのも、友達とのふれあいも、仲間と音楽を作り上げていくのも、読書も、同じように出会いだと思うのです。初めて経験すること。
ひとつでもたくさんの出会いに、わくわくして欲しいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Luv Letter

先週風邪を引いた双子A、なんと中耳炎になってしまいました(泣)
発熱で学校も欠席してしまい、暇をもてあます私(自分かよ)

オリンピックで男子フィギュアスケート銅メダルの、高橋大輔選手が、エキシビジョンで使用していた曲がとっても気になっていたので、楽譜を探してみた。

某所にあったので、早速DLしようと思ったが、ふと思いついた。



「そうだ、京都行こう」



ぢゃなくて(^^;;;



「そうだ、譜おこししてみよう」



You Tubeを聴きながら、アンチョコ(某所の某譜?)を見ながら、適当に譜おこし。。。

以前から比べると、聴音力すごく落ちています。耳の訓練していないしなあ。歳をとったし。
でも、久しぶりにやると楽しい~~~♪♪♪
アンチョコあると、そんなにリキ入れなくても大丈夫。
実際、ゼロから聴き取るのは一部です。
2時間ほどで、3分の1くらい書けました。
全部書けたら、週末のお楽しみに持っていこうかな~~(^^)


高橋大輔選手の選曲って、ツボなんだよなあ。
ショートプログラムのcobaさんの曲も良かった~
このエキシビジョンの曲には、ひと聴き惚れしました♪


中高生のころ、気に入った曲があると、ラジオからカセットテープに録音したのを採譜して弾いたりしてました。異邦人とか好きだったです^^
昔は、簡単に楽譜が手に入らなかったので(特にポピュラーピアノ譜。ギター譜は結構あった)、そうしていた方、多いのではないでしょうか。
ポピュラーのコード進行を聴き取ったりしたことが、後の和声等にも役立ったと思います。

カセットテープも懐かしい。
TVで放映されるオペラなんかも、ラジカセをスピーカー前に置いて録音して、何度も聴きかえしたなあ。
30年ほど前の昔話をしてみました(^^;;;


後記

できたっっっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »