« 現在練習中 | トップページ | GWは… »

映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」観てきました

レディースディ逃すわけにはいかん!と言うことで、『のだめカンタービレ最終楽章後編』観てきました^^

良かったですよ~~~
前編はオケたっぷりで、それはそれでよかったんだけど、ランラン=のだめをもう少し聴きたいなあ・・・と思ったんですが、
後編は、ランラン=のだめがたっぷりてんこ盛り(笑)
ピアノ弾き的にはおいしかったと思います^^


ここからなぜかコミック中心の話(^^;;;

のだめカンタービレの主人公って誰なんだろう・・・と、コミックを読みながらよく思っていました。
のだめはほぼ、心の内を語ることがない。音声として出てくる言葉としては語られるけど、独白やト書きはほとんどない様に思います(私の勘違いかもしれませんが)。
千秋先輩は、もう独白まっしぐらといっていいほど、心の内を語る。

もちろん、誰が主人公か・・・といったことが非常に重要であるとは言い切れない。
作者は、登場人物を通して、作者の語りたいことを語っているのだから。

誰が主人公かと言うことは、その曲が何調であるかということと似通っているように思う。

調を知る・・・と言うだけならば、さほど重要ではないと思う。
例えば、ニ長調だと知ったとき、自分の中にあるニ長調へのイメージ、バッハだったらバッハがニ長調にこめた意味(これは学習しだいなのだが、あまり勉強していないのでよくわからないです。どんな作曲家にもあることなのでしょうね)を、考えることは重要だと思う。
そして、その調や和音がどんな風に変化していくか・・・ここでドッペルで、転調して、終止してetcetc・・・これはとても重要なことだと思う。

自らの心の内を語らない主人公・・・思い出すのは「指輪物語」のフロドだ。
もちろん、双方共、主人公であるかどうかは、色々意見があることだと思う。
フロドは、特にモルドールに入ってからは、ことごとく心の内を語らない。語らせてもらえない。或いは、語ることを許されない。
指輪とのだめは、もちろんまったく違うが、のだめとフロドの扱い方には、どこか似通ったものを感じてしまう。
心の中を語りまくる人物が、すぐそばにいる(千秋先輩とサム)と言う点でも似通っているし、
その人物を通して、心の内を語らない登場人物を見続け、推察すると言う点でも、シンパシーを感じてしまう。

私自身は、フロドものだめも主人公だと思っている。
↑の、調の話に絡めると、誰が主人公ー何調であるかが非常に主要なテーマであるとは思っていない。
ただ、何調かを知ったとき、自分の中におこるイメージー主人公が誰であるかによるその物語に対するイメージは、のだめの言葉を借りていえば「どう感じるかは自分のもの」
そして、その調がどんな風に変化して行くかーその登場人物が(主人公として)どんな風に変化していくかは、とても重要なことだと思う。

のだめが、コミックの最後に語る音楽への思い・・・もしかしたら、すごくシンプルなことかもしれないけれど、のだめ自身の感じ方はきっと、私の思っているよりずっと濃いんだろうな。そして、そこへ至るまでののだめの変遷が、きっと作者の語りたかったことなんじゃないかな。



映画に戻ります。
以下、ねたばれを含むので、折りたたみます。

映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」の感想


ランラン=のだめがたっぷり聴けて、本当良かったです^^
最初のベト7で、ガツンときました(笑)
ショパンのコンチェルトも良かったし、ソナタもいい~~~
ベトベンのソナタ31番も良かった^^
のだめ=ランラン、特にベトベンとモツアルトでは、はっちゃけてましたね(笑)
古典派だから、なおのことそう感じるのかな。

一箇所だけ、最後の方、やたら説明的なミルヒとエリーゼの会話だけは、私的にはイマイチでした。
わかりやすいように語ってくれたのは良くわかるし、すごく丁寧だと思うし、コミック読んでいなければ説明があってわかりやすくなり良かったのだろうと思う。
ただ、原作のコミック自体が、あまり説明せず、受け取る側の気持ちしだいなところがあるので、スタンスとして、ちょっと離れている感じはあった。

一番思うのは、ミルヒの言葉に対する違和感だ。
私にとってのミルヒは、そんなことは語らないよ~~~><
もちろん、もしかしたらそういう気持ちも込められていたのかもしれないし、だとすると自分の心の狭さを露呈しているかもしれないが(自爆)
原作よりもずっと、若人を見守るミルヒという印象があったので、なおのことそのように語ったのかも知れないですね。

最後の2台ピアノは、ランランが一人で弾いているそうです。
まず一パート録音して、それを流しながらその上に重ねてもう一パート録音したのだとか。
うわ~~~heart02となっちゃう演奏でした(^^)
多分、はっちゃけた演奏なんだろうなと思うし、もちろん真似もできないし、でも好き。というか素敵。と感じました。
ピアノ的にも、美味しいものをたくさんもらえたような、私にとってそんな映画でした。

|

« 現在練習中 | トップページ | GWは… »

「のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150541/34323227

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」観てきました:

» のだめカンタービレvol.56 映画<のだめカンタービレ最終楽章・後編> [美味−BIMI−]
昨年12月に公開された『前編』に続き、『後編』見てきました!! 初日・予約での映画鑑賞です!^^! 1日の舞台挨拶・観客動員数の最多記録(12,107人)も突破したそうですよ!! 凄い!^^! (→<のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編>>) (→<のだめカンタービレvol.44 映画2回目!^^!              <のだめカンタービレ最終楽章・前編>>) のだめカンタービレって何?もう説明は要らないですよね〜... [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 16時29分

» 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の正しい見方 [映画のブログ]
 「特別版」というだけのことはある。  『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の公開初日にテレビ放映された前編のことだ。  劇場公開し... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 19時15分

» 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編 」自分自身を表現する喜びが溢れてる [soramove]
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編 」★★★★ 上野樹里、玉木宏、瑛太、小出恵介、ウェンツ瑛士、ベッキー主演 武内英樹監督、123分 、 2010年4月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:のだめカンタービレ 最終楽章 後編 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 楽しみにしていた映画をやっと見た、 実は今、何かを楽しむような気分じゃない、 今この時も病室で病と闘っている友だち... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 11時18分

« 現在練習中 | トップページ | GWは… »