« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

第一回ちーむ4号線発表会!!!

6月26日、ちーむ4号線の記念すべき第一回発表会に参加させていただきました!

4号線の皆様には大変お世話になりました。
事前準備、当日の進行etcetc・・・色々と大変だったのではないかと思います。
皆様の素晴らしい演奏、きれいな音のピアノ、楽しい演出、素敵なサプライズ、連弾とアンサンブル、マイ・メインな2次会(笑)・・・どれもたくさん楽しませていただきました。
本当に、ありがとうございました!!!

自分の演奏は・・・ダメダメでした^^;;;
写真撮影後、リベンジしたい人はどうぞ・・・とのお言葉に甘えて、もう一度弾かせていただき、そちらは多少良かったかな。
大好きな曲だし、大曲だし、一度でOKな演奏ができるような曲だとは思わないので、いつかまたリベンジします!!なんだかリベンジ曲がどんどん増えていくような気が(笑)


で、2・3日呆けたあと、昨日あたりから復活しました。
ブラームスのソナタ1番第1楽章を、今までは弾くだけだったので、少しずつ練習始めました。
まだ全然見えてないけど、これから少しでも音が見えてくるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表会まであと少し。

発表会まであとわずか。バラード1番をみっちり見ていただきました。

今回は2時間近く、濃いレッスンでした!

バラード2時間見ていただくと、気力体力時の運、全て使い果たします。
終わるころにはほぼゾンビ化(爆)
ちなみにレッスンの最後に見ていただいた箇所は、10度でト短調スケール部分。

しかし、今日のゾンビには重要な使命が。
ゾ「12月に発表会があるんです。ブラームスを弾きたいんですが…」
先生「いいですね。何の曲ですか?」
ゾ「ソナタの1番の1楽章です」

その瞬間、にこやかな先生のお顔がやや固まったかのように…汗汗汗

しかし!一寸のゾンビにも五分の魂(爆)。
ゾ「好きになると一直線なんです(^_^;)」

ある種ごり押し(爆爆)ですな。

発表会後には、バラ1の結果をお知らせすることをお約束し、ゾンビはバスに乗ったのでした。

帰路、練習したようにしか弾けないのだから、練習したように思い切り弾こうと思いました。
まあ、発表会前の心境としては、いつも通りなのですが。

でも、自分としては、とにかく苦手意識が強く、学校卒業以来人前で弾いたことがなかったショパン、
今までだったらどこか「すみません…」という気持ちで弾いていたのが、
そんな気持ちになれたことが、バラード弾けて最大の収穫のように思えます。

あと数日、頑張ろう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鎌倉散策

お友達と鎌倉に遊びに行きました。

今回のお目当ては、明月院。
北鎌倉駅から徒歩10分くらいです。

行った日は平日だったので、通り道と院内はそこそこ混んでいましたが、待つこともなくすんなりと入れました。土休日は寺院内に入るまでに相当並ぶらしいです。






朝、かなり雨が降り、その後うす曇りに陽光がさす・・・という絶好のシチュエーションでした。雨にぬれた紫陽花、とても見事でした。
日本古来の品種という紫陽花に埋もれて、緑の中、鴬の声を聞きながら散策するのは、心洗われるひと時でした。







紫陽花の絵の描かれたかわいい鈴のお守りを購入。他にもうさぎやお地蔵様のお守りがありました。どれもかわいかった~~~


その後、おしゃべりしながら、歩いて鎌倉まで行きました。初めて切り通しを通りました。
緑の中、風が心地よかったです。


お昼を食べて、小町通や若宮大路を散策。
若宮大路の「拭」というお店で、ピアノの柄の手ぬぐいを買いました。
手ぬぐいの専門店ですが、他にも布小物が色々あって、楽しかったです。
音符柄のハンカチとか、かわいかったです^^


7月にご一緒する皆様、紫陽花とてもきれいでしたよ~
どうぞお楽しみに^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩く♪

私、自転車が大好きです♪

基本的に、晴れさえすれば毎日乗っています。
いや、買い物くらいだったら、雨でも乗ります(いつもじゃないけど)。
双子が幼稚園の頃は、それこそ雨が降ろうが雪が降ろうが、
ママチャリの前後に乗せて、日々こいでました。

結果・・・


歩きません!!


見事に歩行しない日々です(爆)


加えて、平日は自転車乗るんですが、休日は旦那の運転する車というアイテム(笑)があるため、ますます運動不足に(汗)


このところ増大し続ける体重(爆爆)を何とかしようと、最近週末だけウォーキングを始めてみました。


ある日:ブラームス「ピアノソナタ1番第1楽章」+アルベニス「イベリア第1巻」+α

別の日:バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」ワイセンベルクと小菅優+ショパン「バラード1番」アシュケナージと仲道郁代

といった具合に、好きな曲を聴きながら。ちなみにある日は40分弱、別の日は50分くらいですね。(この日はアシュケナージ聴いたら帰路に着こうと思っていたのに、仲道さんも聴きたくなっちゃっいました)


本当に普段歩かないんで、40~50分も歩くと、結構汗をかきます。

真夏になったら歩けないかな~とも思うので、今のうちに歩いておこう!
と、ここで宣言すれば、多分多少は続くであろう・・・(自信なし笑)


10分ほどいったところに小さい川があるので、その周辺を歩きます。
色々自然が見れて楽しい^^

先日は、おやがもが、こがも二羽連れて水面を進んでいるのを見ました。
なんだか自分を見るようで、身につまされる(爆爆爆)

今は、紫陽花とつつじが見ごろです。
どうだんつつじは「燈台躑躅」と書くらしい。読めないって。しかも歌いたくなる。
髑髏(ドクロ)じゃないのよ躑躅(ツツジ)は、ハッハ~(違爆)

アラフィフの永遠のテーマ、それは健康ですね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バラード1番練習中

先日はレッスンで、バラード1番をたっぷり見ていただきました。

指ももちろん練習しなければなんだけど、次の段階としてはやっぱり気持ち!!
106小節~193小節まで、ガーーーといく練習したのですが、正直言って外しまくりのずれまくりで音楽になってない(汗)
でも、ゆっくり~早く練習・・・要はテクニック(弾けるようにする)練習だけでは、見えてこない部分も実感しました。

昨年弾いたバッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」
とてつもなく難しかったですが、でも、私にとっては、バラード1番の方が難しいです。

テクニック的にも、もちろんシャコンヌもめちゃ難しかったですし、バラードもめちゃ難しい。
気持ち的にも、シャコンヌの畏敬の念、悩み続けた「TUBA」の意味・・・とても難しかったです。
でも、バラードの方が気持ちが難しいと感じます。

シャコンヌは、変奏曲なのがすごく助かるのです。
一回一回、収めてまた新たに始められる。
もちろん、常に一変奏ごとに終わるわけではなく、いくつかの変奏を連続した、または徐々に盛り上げてゆくモチベーションで弾かなければならない部分もある。
でも、そういう場合でも、小さくても一度収められるのが、すごく助かるんです。

バラード1番って収められないんですよね。
特に、106小節から最後まで、ある意味シュトルム・ウント・ドランク。
今、必死で搾り出した感情を、音楽が進めば進むほど、もっと熱く深く搾り出していくことを要求されている気がする。

シャコンヌだったら、ppのゆったりした部分なんかは、一度沈静化できる。
でも、バラードでは、194小節~コーダ前なども沈静化できない。
むしろさらに緊張感が増していくような気がする。

ある意味、弾けるようになる練習をしているときの方が楽かもしれない。
いや、今も常に修正が必要なので、テクニックの練習は続けているけど、
気持ちで持っていく練習は結構つらい。

部分練習頑張って、「イ長調OK!スケルツァンドまあよし!5連符今日は頑張った!コーダは昨日頑張ったし」と、仮に思ったとしても、続けて弾くとなかなか上手くいかない・・・というのが今までのパターンだったのですが、
これから本番までは、続けて弾く、しかも気持ちで持っていく練習が必要になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日~♪

昨日は誕生日でした♪
ちなみに47歳になりました。
世間ではアラフィフですが、遊音では9捨0入することになっているので(爆)まだあらふぉー(笑)

図書館で上橋菜穂子著「獣の奏者」を予約していたんですが、3巻よりも4巻の方が先に来てしまい。
文庫出るまで待とう!とか思っていたのに、待ちきれず3巻買ってしまいました(汗)
すごい物語だった・・・

本にしても音楽にしても、他のいろいろなものにしても(萌スイッチONなものとか^^vv)、
心を動かされるものに出会うたび、今の時代に生まれてよかった、この素晴らしいものに出会えてよかったと思います。
今までもこれからも、たくさんの人がそう思いながらつながっていくんだろうなと思うと、幸せな気持ちになります。

と、誕生日にこそっとつぶやいてみました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »