シャコンヌに挑戦(無謀)

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 全曲 ピアノ譜

書店で、こんな楽譜を見つけました。








バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 二短調 全曲 ピアノ独奏版


そう、シャコンヌの入っているパルティータです。

ピアニストの菊地裕介さんが、シャコンヌ以外の4曲、第1曲アルマンド・第2曲クーラント・第3曲サラバンド・第4曲ジーグを編曲し、第5曲シャコンヌはブゾーニ編曲が入っています。

少し前に、新聞の記事で、このパルティータ全曲演奏をした菊地さんのことを知り、その編曲を聴いてみたいなあ・・・と憧れていたところでした。

それが、出版されていたなんて!!!!神様仏様全音様~~~~ありがたやありがたや(^^)


早速音出しをしてみました。


ほんの一度音出しをしただけですが、これはバロックなんだ、古典なんだと強く感じました。
音を出すだけで必死な私にとって、ブゾーニ編曲をして、ロマン的かどうかを論じることはできないし、またロマン的であろうと古典的であろうと充分な表現もできない。
でも、こうして音出しをしてみたら、今までとは違う印象を受けたのは確かです。
あくまでも印象のみではありますが。

大きすぎる、偉大すぎる、魅力あふれる、愛してやまない曲。シャコンヌ。
きっと、一生追い続けていかないとなんだろうな、追い続けたいなと思ったのでした。


さて、そのブゾーニ編シャコンヌですが、詳しい解説が書いてあり、すごーく目ウロコでした。
ありがたいのは、ドイツ語で書かれた楽語に、邦訳が書かれていること。とってもとってもありがたいです。そんなことが書かれていたの????とびっくりした箇所もありました。
また、手の小さい人用に指使いが工夫されて書かれてあり、これもありがたい。
届かない音のばらし方も書いてあり、すごく役立ちます。
各ポイント毎の詳しい解説~~~原曲と照らし合わせたり、ブゾーニが加えた楽語、菊地さんの解釈~~~など、読みやすく素晴らしい。

これで1400円は、本当にお買い得でした。
座右の譜となりそうです(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シャコンヌ進捗状況と、アニマルなキーケース

雨模様の関東地方ですrain

今日は隣町の図書館に行こうと思っていたのですが、雨のため延期です。自転車生活者なので、雨の日は出不精になります(汗)
子ども達が幼稚園児の時には、雨が降ろうが風が吹こうが、前後に乗せて毎日往復していたんですがね~
必要ないと、ナマケモノになる私(爆)そういえば、前後に子どもを乗せるのは違反なんでしたっけ。双子なんだから、それできなかったら生活成り立ちません(><)



年末の発表会のリハ日程も決まり(会場取りその他、幹事様、どうもありがとうございました)、
いよいよ年末に向けて加速せねば!!!と思いつつ、なかなか練習の進まない日々です。

バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」は、サイドバーにも上げてありますが、わたしにとって、特別な曲です。
ちょうど15~6歳の頃、ラジオのFMクラシック番組で、チェロと、ブゾーニ編曲のピアノ版で前後して聴いて、すっかり魅せられました。世の中にこんなに素晴らしい曲があったのかと。
譜面を手に入れたのは、20過ぎの頃。それから手を出しかけては、自分にはとても弾けそうに無いとあきらめ・・・を何度繰り返したことか。

一昨年の発表会の直後に譜読みを始め、2年計画で練習を始めました。
まさに亀の歩みですが、目標は暗譜演奏。譜読みの遅い(そしてのーみそローガニアンで、なかなか覚えられない)私でも、2年あれば何とかなるだろうと(爆)

昨日、初めて譜面をおかずに弾いて見ました。。。譜面をオカズにして食べたわけではない(オヤヂギャグすまぬ・・・)
一応最後まで行ったけれど・・・・覚えていないところが、そこかしこあちこちに、山のように散見されました(爆)
なんと、1ページ目をちっとも覚えていないことを発見。そういえば、譜めくり間に合わないところは否が応でも覚えるけど、1ページ目は譜めくり関係ないもんね。覚えなきゃ~
和音の響きはなんとなくわかるけど、音を覚えていないところもあちこちに。昨日は(う~ん、こんなひびきだったっけ~? )と、作曲しながら弾いていました。

だめぢゃん(爆)

・・・年末までになんとかしよう・・・多分(^^;;;



さて、今月末にまた手作り品フリマがあります。
このところ、月1くらいでフリマに出店しています。

先日作ったマトリョーシカのキーケースの仲間を作ってみました。




カエル×2・ウサギ・クマのキーケースです。


あとは、ばね口ポーチとか、時間があったら携帯音楽プレーヤーケースとか作りたいな。
明後日は、新しく出来た手芸用品店に行って、いろいろ仕入れてくる予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤ちゃん茄子とほの赤トマト♪

ミニトマトがほんのり赤く染まってきました^^






そして、茄子の実がちょびっと。





これは赤ちゃん茄子♪

これが大きくなったら食べられるのねんheart01


しかし、最近編み物と庭話題ばかりだ。
これでピアノブログと言えるのだろうか・・・(爆)



そうそう!!!
6月のレッスンに先日行ってきました(←そうそう!!!ではなかろう・・・)

バッハ=ブゾーニのシャコンヌは、フレーズの最後を弾き捨てないように、丁寧に弾くこと。
高音を叫ばない。
最低音部はがんがん引かなくても音がでるので、控えめに。
あと、一番弾き難くて苦戦しているパーツの練習方法について、教えていただきました。

ショパンのバラード1番は、全体の曲つくり(インテンポで弾いたときのルバートやまとめ方)について、教えていただきました。
無論まだ全然弾けていないのですが、なにしろショパンはよくわからん!!!!
なので、全体像が見えてこないと、何をどう練習していいのやら・・・
今回も非常に実りの多いレッスンでした。

今月のDolceの練習会は、子どもの学校行事で参加できませんでした。
ふと気付くと、今年に入ってから、まだ一回しか練習会に参加していない(@@)
7月の練習会は、絶対参加するぞ!!!
リベルタンゴと火祭りの踊り、がんばろ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッスン#7

一ヶ月ちょっとぶりにレッスンに行ってきました。

今回はシャコンヌを中心に、バラード1番もみていただきました。
1時間レッスンなのですが、いつも1時間半以上、長いときは2時間近くみて下さいます。
で、今回はなんと2時間半も見ていただきましたsweat01
いつもレッスン終わってから時計を見て、「えーーー!!こんなに時間経っていたの??!!」と驚くのですが、今回も時計を見てびっくり。
内容濃くて、夢中で、時間が経つのを忘れてしまいます。
もっとも、シャコンヌ+バラ1で、一回通して弾いて30分かかっちゃうもんなー
いつも濃くて、勉強になって、楽しい一時です。


♪バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」♪
前回、「fがffのアクセント付きになってしまう。」とのご指摘を受け、今回は、曲全体の音量バランスを考えて練習していきました。
今まで、必死にならないと弾けなくて、全く余裕無し→f、fのオンパレード・・・だったのですが、譜読みを終え、覚えた部分も出てきて、わが身を省みながら(笑)弾けるようになってきたのが大きいかも。

で、褒められました(*^^)v
暗譜まで持って行って、是非レパートリーとされるといいですねとのお言葉(^^)vv
オクターブ奏の、その部分に求められる表現のための練習の仕方など、完全に理解できていないところもありますが、フレーズの収め方、内声の弾き方、リズム感、クレッシェンドからアクセントへの持って行き方・・・またウナコルダを入れる箇所について相談させていただいたり、etcetc・・・
次回のレッスンまでに、また、あーでもない・こーでもないと、試行錯誤を楽しみ&頑張ります(楽しむ:頑張る=3:7くらいかな・笑)


♪ショパン「バラード1番」♪
前回は、一ヶ月ほどしか練習できていなかったので、ただ弾いただけ。
今回は、前回伺ったことを元に、考えながら練習をしていきました。

で、褒められました(*^^)vv
これから曲を仕上げて行くにあたって、とても良い土台が出来ましたねと言っていただきました。やったね♪
もちろん、まだ全然弾けていないのですが、最終テンポを想定して、そこに向かって練習を積み重ねてくださいとのことです。
今回のポイント:ショパンはとにかくレガート奏!

非常に興味深かったのは、ショパンは、最初ショパンの先生に、素晴らしいイタリアオペラの作曲家になるであろうと言われていた・・・とのお話です。
ショパンの音楽表現って器楽的(というより鍵盤楽器的)という思い込みがあり、自分的にはそこが大きな苦手意識につながっていたのですが、別の切り口が見えたことで、少し気が楽になりました。
こちらも次回のレッスンまでに、また、あーでもない・こーでもないと、試行錯誤です(こちらは、楽しむ:頑張る=2:8くらいかな・笑)

大好きな2曲。惚れた2曲。特にシャコンヌは、30年来の憧れです。
練習頑張ります♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レッスン#6

3ヶ月ぶりのレッスンに行ってきました。
てゆーか、まだたった6回目なんだなあ。
なんだか、もっとたくさん習ったような気がする。レッスン内容がいかに充実しているか・・ということでしょうね。
今回も、2時間以上たっぷり見ていただきました。
本当は、1時間レッスンなんですが、いつもそれ以上に見ていただいています。なんだか申し訳ない・・・その分、生徒がしっかりがんばろー!(自分にカツ)


♪♪♪ショパン「バラード1番」

1ヶ月ほどの譜読みだったので、本当に色なくただ弾いただけ。とにかく、まともに弾ける自信が無いので、ほとんどまっさらと言っていい状態で、最後まで弾きました。

「テクニック的には、(今はもちろんまだ弾けていないけどいずれは)弾けるであろうと思われますので、音楽的なことを作っていきましょう」

イントロの弾き方。ルバートのかけかた。フォルテか、スフォルツァンドか(それも大本の強弱はなにか)、フォルテシモか、よく考えて弾く。ショパン特有の半音階に込められている思いを、どう表現するか。3連符の歌い方。

などなど、細かくご指導いただきました。

今日のレッスンで、最大に気をつけなきゃあと思ったのは、「オンリーフォルテ」ということ。
フォルテひとつでも、私の場合、フォルテシモのスフォルツァンドで弾いてしまう傾向があるのです。
こないだ読んだ、「バイオリニストは肩がこる」と言う本にも、マエストロに「オンリーフォルテ!」と言われた・・という話が出てきて、すごく心に残ったのですが、今日はすごーく反省させられました。

なぜそんなに大音声で唱えたい>自分(爆)

今回は半分まで見ていただいたので、教えていただいた分を何とかマスターしたいと思います。


♪♪♪バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」

ショパンをたっぷり見ていただいたので、今回は少しだけ。
この曲も、まずフォルテをどう弾くか。直接的な音ではなく、音楽的な音で。深い音で。
一番最後だけは、それまでのものをぶつけるように、フォルテシモのスフォルツァンドでよいが、そこまでは音量と音色を考える。
ゆっくり練習をたっぷり(汗)
次回は、メゾピアノで、ゆっくりひとつひとつの音を丁寧に弾く・・・という課題がでました。

なぜそんなに弾き急ぐ<自分(爆)

弾けて無いんだから、弾ける速度で弾けばいいんだけどね。ついつい速くなっちまいます(汗)

人生もっと落ち着こう(爆爆)

また頑張ろうっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レッスン♯1

と書いてはみましたが・・・

あまり詳細なレッスン記は、今のところ、書くつもりはないのですが(っつーか、書けない^^;;;)、
とても充実した嬉しい時間だったので、今日は少しだけ。

先日が実質上第1回目のレッスンでした。

レッスンを受けると、今まで自分がどれだけ自信がなかったか、楽譜の意味を読めていなかったか、迷いがあったか、練習方法に間違いや無駄があったか、良く分かりました。
レッスンを受けられるって、本当にありがたい。

みていただいたのは、アルベニスの「イベリア第1集より エル・プエルト(港)」と、
バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」です。

港は、各声部の性格付けをきちんとすること。各声部ごとに強弱をきちんとつけること。アクセントの音の違い。トリルの弾き方を分けること。「ジャカジャカジャン」という音を、ギターらしく弾く練習法。テンポ感。。。。などを教えていただきました。

シャコンヌは、速い部分のゆっくり練習のやり方です。
こういうことが全くわかっていなかったんだなあ。思い知りました。
カンタービレで弾くときと同じような手の動きで、フォルテも弾く。まさに目ウロコです。

また、うでや上半身全体を使って弾くこと。今まで手首から先だけで弾いていたんだなあ。
ようやく気付きました。

音と、緩徐部分の弾き方についてはほめていただきました。嬉しかったですよ~
再開以来、頑張っていたことなので。

教えていただいたことを、なるべく自分のものにできるよう、次回までに頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の練習。

今日は午前中、1時間ほどですが集中して練習しました。
練習メニューはシャコンヌとエル・プエルト(港)。

シャコンヌは、手直し部分を練習しました。
右手の中に左手が入り込む交差になる部分があるのですが、今までラクをしたくて、弾きやすいように左右に割り振って弾いていました(告白・汗)。
先日のレッスンで、やはり記譜どおりに弾いた方がよい、と聞き、早速直しています。
自分でも、ここは記譜どおりにすべきであったと反省しています。
左右に割り振ってしまうと、リズムがすべるし、バッハらしい声部感がなくなるからです。

エル・プエルト弾いて、ホントよかったです(^^)
エル・プエルトにも、右手の中に左手が入り込む交差がたくさん出てくるのです。
こんな交差、初めてだったのですが、港で練習したらシャコンヌでも弾けるようになりました。港だけに漁夫の利?(爆)

メトロノームをかけて、ゆっくり→速くで練習をしました。
こういうのが大事なんだよなあ。
今日、30回練習してできたことは、明日は29回でできるかもしれない(但し、いつもできるとは限らないが)。それの積み重ねで、少しづつ弾けるようになってゆく。
何十年もかけてやってきて、さんざんわかっているはずなのに・・・
いつまで経ってもちゃんとできないのよね。反省。


エル・プエルト(港)も、メトロノームをかけて練習しました。
8分の6と4分の3が交互に出てくるため、メトロノーム練習がしにくくて(あまり速いメトロノーム音を聞いていると、頭が痛くなってくるのです。それって私だけ?)。
でも、今日はかけて弾いてみました。
ひ、ひ、ひどい・・・shock

トンデモないリズム音痴だった・・・crying

走っているなとは思っていたのですが・・・
走っているどころじゃなかったああああああ。
これじゃあ、港の踊り手たちも、とてもじゃないが踊れまい・・・
これもゆっくり→速くの、メトロノーム練習、がんばらなきゃ。

来週のレッスンまでに、ガンバリマス!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」に関する覚書

バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」に関する覚書です。

♪「シャコンヌ」
スペインに起こったダンスで、現在はすたれている。
普通は2拍目にアクセントのある、4分の3拍子のゆるやかな曲で、変奏曲の一種。
バロック音楽の重要な器楽形式。パッサカリアに似ている。
特定の低音及び和声進行を繰り返すオスティナート・バスを用いている。


♪J・S・バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004」
「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001~1006」は、3曲ずつのソナタとパルティータからなる。(ソナタ第1番 パルティータ第1番 ソナタ第2番 パルティータ第2番・・・の順)
第2番ニ短調は、1.Allemande 2.Courante 3.Sarabande 4.Gigue 5.Chaconne からなる。


♪「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 より シャコンヌ」
始めの8小説で主題が示され、その後、29の変奏が続く。
全体は大きく3部に分かれ、第1~第15変奏まではニ短調、第16~第24変奏まではニ長調、第25~29変奏までは再びニ短調となる。


♪バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」(ブゾーニによるピアノ編曲版)
ヨハン・セバスティアン・バッハ 1685・3・21~1750・7・28
フェルッチョ・ベンヴェヌート・ブゾーニ 1866・4・1~1924・7・27
ブゾーニによる編曲は1897年ころ。
他にもピアノ編曲版として、ブラームスによる左手のための編曲などがある。(←これ、私の場合両手じゃないと弾けません・爆涙)
他にも全音のピアノピースにも他の作曲家の編曲版があったような・・・


以上の記事は、「標準音楽辞典(音楽の友社)」と、こちらこちらこちらを参考に書きました。



以下、シャコンヌに対する個人的な感慨です。
シャコンヌに始めてであったのは高校生くらいのころだったでしょうか。チェロの演奏 (ヨー・ヨー・マだったかも)とブゾーニ編曲版を、前後して聴き、「世の中にはこんなすごい曲があったのか・・・」とすっかり魅了されてしまいました。
やはり15,6のころ出会ったグラナドスの「演奏会用アレグロ」と共に、私にとって一生の憧れ曲となりました。この2曲を、いつかいつか弾けるようになりたい・・・
ブゾーニ編曲版の楽譜は18,9のころ手に入れました。以来、時折眺めてはあこがれのため息をつき、ちょっと弾いてみては手が出ないとあきらめ、はや四半世紀。

グラナドスのアレグロを、ヘタクソながらも発表会で暗譜で弾けたことは、とても嬉しいことでした。いくらヘタでも、頑張れば、いつかは何とかなるかもしれない・・・やってみなくちゃわからない!

シャコンヌもいつか、弾けるようになりたい。そう思いながら、練習を続けています。


今回調べた中で、オタッキーにツボだったポイント(?)
その1・シャコンヌは「スペインにおこったダンス」
その2・ブゾーニの没年月日1924・7・27
スペインとくればグラナドスheart02 7・27といえばグラナドスの誕生日heart02
ちょっと嬉しい(←ファンって奴は・爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)