企画もの

TB企画「来年弾きたい曲リスト」

かおるさんのブログのTB企画「来年弾きたい曲リスト」に、超駆け込みでの参加です~(^^;;;)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

あなたが来年弾こう!と思っている曲、チャレンジしようと思っている曲ベスト5もしくは5曲を日記に書いてトラバしてください!トラバ機能停止中や、わからない方はここに書き込んでいただいてもOKです!

弾き散らかし&夢レベルの曲でもOKです。ベスト10でもOKです。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


ということで、昨年の記事はこちら。


でもって、昨年のリストは以下です。


♪1バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」(但し、来年&再来年の2年間で挑みます)

以上~~~


シャコンヌは私にとって、アレグロ以上にさらにさらに大曲だし、最低2年はかかるだろうと。
でも、多分他にも目移りするに違いない。というより、すでにしている(爆)
ということで、

♪2グラナドス「オリエンタル」(まだ譜面を手に入れて無いけど)

♪3ベートーベン「ピアノソナタ 第27番 第1楽章」

♪4グラナドス「ゴイエスカス 愛の表示」か、「厩舎ランプのファンダンゴ」

さて、昨年のリストの実践はいかに?

♪1バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」

ある意味予定通り、昨年の一年間で譜読みをほぼ終え、2009年の発表会に向けて、現在練習を再開したところです。
最終的には暗譜で、自分なりの音で仕上げるのが目標です。
15の頃にラジオで、チェロとブゾーニ版のピアノで聴いて以来、憧れ続けた曲です。
来年は、シャコンヌを第一目標にして、頑張りたいです。

♪グラナドス「オリエンタル」

全曲音出しはしましたが・・・人前で弾くほどには至っていません(汗)。
いずれきちんと仕上げたい曲です。

♪ベートーベン「ピアノソナタ第27番 第1楽章」

何かことあるごとに上げている、弾きたい曲のひとつ(爆)。いや、本当に弾きたいんですが、なかなか音出し以上にいきません。好きなんだけどなあ・・・

♪グラナドス「ゴイェスカスより 愛の表示 または 厩舎ランプのファンダンゴ」

これも好きなんだけどなあ。愛の表示は音出しのみ、厩舎ランプはさわりもせずに、1年過ぎてしまいました。(汗)



というわけで、今年のリストです。



♪1バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」

今年は仕上げます!!!!

♪2ショパン「バラード1番」

先生に背中をぐいと押していただいて、やる気になりました。来年&再来年の2年間で挑みます。(関連記事


大曲2曲なので、来年はこれに尽きることと思います。
あとは、先生におすすめいただいたスカルラッティを弾いてみたいとは思いますが、
今のところはこの2曲以外は考えられません。
でも。。。きっと、数ヶ月もしないうちに、コソ練に燃えてるんじゃないかと(爆)


今年1年間も、ピアノ的とてもとても充実した日々でした。
自由の女神さんが、こちらの記事のなかで、

>てんてんさんが仰った「ピアノは孤独な楽器ですが・・・」という言葉に胸を打たれました。

と、書いておられましたが、全く同感です。

ピアノは孤独な楽器です。
一人でアンサンブル出来る楽器だとはよく言いますが、言い換えれば、アンサンブルも一人で出来る・・・とも言えます。

でも、一人で弾いているピアノでも、仲間たちと共に、聴かせてもらったり、聴いてもらったり、ピアノ話にふけったり・・・Dolceの会に参加させてもらったことで、こんな機会に恵まれて、すごく幸せなことです。
だからこそ、自分の中で、自分自身の音を見つめ、楽譜と向き合い、指を動かす、この孤独な時間も、充実させて行きたいと思います。また、仲間と共に、音楽を楽しむためにも。

Dolceでご一緒いただいている皆さま、この記事を読んでくださっている皆さまとも、来年もピアノとたくさん遊んで行けたらいいなと思います。

この1年間、大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

TB企画「いつかは弾きたいランキング」

テツさんのブログ「おとのく」が開設3周年を迎えられました。おめでとうございます〜パチパチ\(^o^)/

3周年を記念して、TB企画「いつかは弾きたいランキング」を開催されていますので、参加します~

第1位:シューマン「ピアノ協奏曲 イ短調」

第2位:バッハ「半音階的幻想曲とフーガ」

第3位:ショパン「バラード1番」

第4位:グラナドス「ゴイエスカス 第4曲 嘆き、またはマハと夜うぐいす」

第5位:アルベニス「イベリア 第1集 第1曲 エヴォカシオン」

第6位:ファリャ「火祭りの踊り」

第7位:ベートーベン「ピアノソナタ第27番」

第8位:ベートーベン「ピアノソナタ熱情」

第9位:グラナドス「ゴイエスカスより 第1曲 愛の言葉」

第10位:ドビュッシー「仮面」

シューマンの初期の曲(OP.1のアベッグとか)って、キラキラピュアなロマンチシズムと感じます。後期の響きは、混乱と美のはざまで、薄い刃の上に立つが如き危うさを感じる。森の情景とか。
ピアコンは、ルビンシュタインで聴いて惚れました。どこまでもピュアなロマンチシズムを感じるのです。永遠の憧れ曲だな~

バッハの「半音階的幻想曲とフーガ」は、港の次のシャコンヌの次かその次に弾きたい曲です。

ショパンのバラ1は、シャコンヌの次かその次かその次に弾きたい曲です。

マハは、以前はあまり惹かれなかったんだけど、最近好きになりました。

エヴォカシオンはメロディーが美しい。

火祭りは、血が騒ぎます。

ベートーベンの27番もいつか近い内に弾きたい。
熱情は…永遠の憧れ曲ですな。弾けないでしょう。

愛の言葉は、華やかロマンチックで大好きですが…音多いよ!(爆)

仮面は、今のところシャコンヌの次に弾きたい候補No.1の曲です。



スペインものが10曲中4曲になりました。スペインものには相変わらず惹かれます。
いつか、このうちの何曲かでも、ものにできる日が来るのでしょうか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)