ブラームスはお好き

レッスン記

9月のレッスンに行ってきました。

曲はブラームスのソナタ1番第1楽章。

出だしの音の弾き方、スタカートの扱い(切り過ぎない)、テヌートやアクセントの扱い(はっきり出す)。
強弱(どうも私は、フォルテと書いてあると大きく、ピアノと書いてあると小さく出しすぎてしまう傾向があるのです^^;;;)の捉え方。

悩みのタネの、二つのメロディーが同時に少しずれて出てくる部分の弾き方についても、ブラームスらしい弾きかたを教えていただきました。
「下のメロディーの方を出さなければならない。ただし、『いかにも出しました』という風に出してはいけない」
難しい~~~~

最後の盛り上がる部分は、出して出してまだまだへこたれずに出して・・ということなので、
「わかりました。ガンガン行きます!!」
とにかく何も考えず、自分の思いっきりの音をガンガンに弾きました。最後の最後のフレーズも「どうだ!!」系の音で(笑)
ほめられましたscissors
「ブラームス、あっていますね。○○さんの思い切りの音で弾くと、ブラームスにぴったりな感じです。」

ショパンのバラード1番でも同じようなこと(出して出してまだまだ出して)を言われました。
バラ1の場合は、自分の中にどんどん入り込んで搾り出す・・・という感じで、正直つらかったのですが、
ブラームスのソナタ1番の方は、どんどん解放していく感じで、気持ち的には全然楽です。
なんか、弾くとスカッとする(笑)

ブラームスがシューマンに初めて会ったときに弾いたのが、この曲だったそうです。
若きブラームスの、希望にあふれているような曲。
先生にもお話したのですが、この曲のイメージって「詰め込みました!」「どうだ!!」という感じがします(笑)感嘆符付き(爆)
先生のお話では、ブラームスは「国粋主義者オー!!!」(爆笑しました)みたいな人で、しかも厭味や皮肉をよく言う人だったらしい。
思わず、「やなやつですね」と言ってしまったよ(笑)でも、わかる気がする(爆)

まだまだ練習が必要ですが、最終的に暗譜できるように頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明月院と鎌倉散策とやっぱり〆は飲もう会♪・・・とブラームスソナタ♪

先週末、飲もう会の皆様と鎌倉散策に行きました。

お目当ては明月院。今が見ごろの紫陽花を見に行きました。
6月半ばに行ったときには、まだ白が残る色合いだった紫陽花。
この時は一つ一つの花が、中央に白が残り、周辺が青紫の色合いでした。
今回は、一つ一つの花が紫濃く、白味がほぼなく、まさに満開といった感じでした。
ものすごく混むかと思ったのですが、明月院に向かったときにさっと雨が降り、
そのせいもあったのかゆったり見れました。

その他、鶴岡八幡宮にもGO。
ちょうど舞殿で結婚式を挙げていて、雅楽を聴きつつ綺麗な花嫁さんを見て、
見たいと思っていた大銀杏を見てきました。
強風で折れた大銀杏、どんなかなと思っていたのですが、すでに芽吹いていて元気付けられました。

江ノ電で長谷寺にもGO。
江ノ電はさすがに混んでいたけど、一本でちゃんと乗れて(混んでいる土日は、一本見送らないと乗れなかったりするのです^^;;;)、長谷寺からは湘南の海も良く見えて、良かったです^^

その後、本番の飲もう会へGO。
さすがに歩きつかれて、皆で一杯めはソフトドリンクという、飲もう会では異次元な状況になりましたが(爆)、その後はおしゃべりに花が咲き、いつもの楽しい飲もう会でした♪

ご一緒くださった皆様、お疲れ様でした。
また女子連れ立っての小旅行、楽しみましょうね!!



今日は久しぶりにウオーキング。
いつもの、小川というにはバッハ先生に申し訳ない近所の川周辺を、30分ほど歩いてきました。
本当はもう少し歩きたかったけどもう暑くて(^^;;;;;;

今日のウオーキングミュージックは、ブラームスのソナタ1番Op。1。
これ聴くとちょうど30分なのです^^v

今年の冬に弾こうと思っている1楽章ですが、なかなか難物です。
譜読みが終わって、ある程度弾けるようになってから、レッスンに持って行こうと思っているのだけど、なかなかある程度まで行きませんです(汗)

で、昨日は2楽章も音だししてみた。
きれいな曲ですね~~
音の重なりがすごくきれい。

曲を好きになり、弾きたいと思うとき、私の場合はまずメロディーに惹かれることが多い。
シャコンヌは、なんてったってメロディーと、音の重なり・厚みに惚れた。
バラード1番は、メロディーと、熱く、思いをどんどん重ねていくような音の連なりに惚れた。
グラナドスの演奏会用アレグロは、メロディーと、きらきらした音使いに惚れた。
アルベニスのイベリアの港は、メロディーと、トーキー映画のような場面の切り替わりに惚れた。
ブラームスのソナタの1番の1楽章は、メロディーと、厚く音の重なる部分と、ロマンチックな歌の部分と、交錯する旋律との場面ごとに変わる様子に惚れている。

で、2楽章は、音の重なりと、オケみたいな声部の色合いの違いと、メロディーを好きになった。
そう、2楽章は音の重なりがトップなんです^^
特に最後の、con espress.の音の重なりなんて、もうどうしていいかわからないくらいきれいだ。
こちらも少し、練習してみようと思っています^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

譜読み中

カテ名は、ブラムス先生のカテを作る日があったら、これにしようと思ってました(笑)
中学生のころ、サガンは新潮文庫でいくつか読みましたが、あのころ一冊120円くらいでした。今は460円らしい。昭和は遠くなりにけり・・・(笑)

さて、ブラームスのソナタ1番第1楽章を現在譜読み中です。

私の場合、譜読みは両手でします。
ある程度読めるまでは、ほぼ両手。異常に長い曲でなければ、ひたすら頭から尻尾まで通します。(なので、この段階で全く弾けず、かつメゲメゲモードに突入したり、ここ好きheart01ポイントが見つけられなかった場合、あきらめムードになってしまいます^^;;;)

片手練習はその後、弾けないところや必要なところ(声部が入り組んでいたり)を中心に、取り出して練習します。
ある程度弾けるようになってきたら、部分ごとに片手練習や、メロディー取り出し練習や、歌いながら練習や、スピード上げメトロノーム練習などなど、要は練習!します。

譜読みを両手でするのは、とにかく全部の響きを聴きたいから。通すのも、全体の流れを聴きたいからです。
曲との出会いは、音源からだったり譜面からだったり色々ですが、頭から尻尾まで通しモードが一段落するまでは、あまり音源は聴きません。
ある程度通せて、曲の流れがなんとなくわかって、こここう弾きたいポイントがいくつか見つけられて・・・と言う段階になってくると、ピアニストはどう弾いているんだろう??ということを知りたくなり、いろいろな音源を探し始めます。

まあ、曲によっても違うし、いつも・・・と言うわけではないのですが、ここ数年はこんな感じで譜読みを進めることが多いです。
異常に長くて音の多いシャコンヌは、1,2回通した後は、3部に分けて譜読みしました。
シャコンヌは長年の憧れもあり、曲の流れはほぼ見えていたので・・・(変奏曲なのも大きい)

で、ブラームスソナタは現在、両手通し&ここはどんな感じか探ってみよう~モード進行中です。
結構思いがけない音が多くて、読み間違いがあるっぽいので、今回は譜読み段階から時々音源を聴いています。
さて、これからどうなることやら・・・(ひそかに楽しみ^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の右手親指

元旦にスライサーで切った右手親指。
今日消毒に行って来ました。

傷バンをはがすと、止血のための脱脂綿@赤まだらがくっついてます。
それをはがすと、また出血しそうだと言うことで、そのままに。
自然に傷が治るまで、あとは時が経つのを待つのみです。

傷バンもなくてもいいくらい・・・だとのことですが、とはいえ、あんまり強く触ったり、ジャブジャブぬらしてもダメそうなので、一応傷バン張って、取れないようにサック包帯しています。





↑ほんじつの親指。


握る方向の動作がまだちょっと痛いのと、やっぱりさわれば痛いです。
治るまで、右手の親指には、しばし休んでいてもらいます^^

編み棒は、意外とかぎばりのほうが早く持てました。
かぎばりの方が親指使うかなと思ったのですが。
親指使わなくても、他の指でもてば編めます。目はイマイチ。
棒針は、今日は大体もてるけど、やっぱり違和感と痛みがあります(なので、こちらもしばしお休みです)



さて、右手が使えなくてもピアノは弾きたい。煩悩ですな。
転んでもただでは起きないをモットーにしているので(爆)
これまたいい機会だろうと言うことで、左手の練習をすることにしました。

テクニック・・・スケールを正確に。とか、指が早く動くように。とかもですが、
なんと言っても、左手でなるべく音楽的に歌うように弾くこと、音量をコントロールすること(特に声部間)、音色に気をつけることに主眼を置いて練習することにしました。


曲目はサイドバーにも上げた、ブラームス作曲の「左手のための練習曲 バッハのシャコンヌ」です。

クララ・シューマンが右肩を脱臼した時に、右手の使えないクララを慰めるために、ブラームスはこの曲を書いたそうです。
ブラームスの、バッハとクララへの愛情とやさしさの感じられる、素敵な編曲です。
シャコンヌ好きの私にはたまりません~~

ところどころ、ブゾーニ版と、メロディーの音が違ったり、和音が違ったり、フレーズが違ったりするので、いずれブゾーニ版に戻ったときに、迷わないようにしないと。
単旋律になるところも、不思議に厚みを感じます。音域もあるのかな。
超絶な部分もあります。ある部分なんて、まともに弾けるとは思えん(汗汗汗)

というわけで、治るまで、しばしバッハ・ブラムス・クララに、楽しませていただきます^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ブラームス「間奏曲 Op.118-2」①

ただいま練習中の一曲。
きれいで大好きなのだが、少しスランプ中。
そこで、問題点をあげてみることにした。

①テンポがつかみきれない
②歌い方
③和音の弾き方

・・・こう書いて見ると、どの曲にも当てはまることだと思うのだが・・・

さて、①テンポがつかみきれない 
拍がずれる感がこの曲の好きなところなのだが、どうもテンポのつかみにくいところでもある。
多少アゴーギグしたほうがきれいで自然だと思うのだが、同時にテンポが崩れやすくなる。その辺の兼ね合いが難しい。
もう一箇所、左手が3連符になる中間部が走りやすい。この部分に関しては、練習不足もあるのだが(汗)

②歌い方
これは①・③とも関連してくる。
浪花節(爆)にならずに歌うのは難しい。

③和音の弾き方
何度も書くようだが(汗)、私は手が小さいので和音は非常に苦手だ。
ブラームスは内声部の響きが大切だ。同時にメロディーもはっきり出したい。
左手が3連符になる中間部は、曲の構成としてはa(in tempo)-b(ppのpiu lento部分)-a‘(Tempo Ⅰ)となっているわけだが、
aの部分は上声部に、a‘の部分(の前半4小節)は内声部にメロディーがきている。
このa‘のメロディーを内声部をしっかり響かせ、上声部の対旋律も出し、なおかつ全体がうるさくならないように弾きたいのだが・・・のだが・・・のだが・・・のだが・・・
日々精進、ですね。

よしっっ!がんばるぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)