練習メモ

現在練習中

気候も良くなってきた昨今、弾いてます^^


♪ショパン「バラード1番」・・・難しいところをテンポアップ練習中。FーAーSーT!!!

♪バッハ「半音階的幻想曲とフーガ」・・・幻想曲はスケール練習中。フーガはまだまだ細かい練習(パートわけとか・・・するのか私・爆)に至っていません。

♪ガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」セコンド練習中。

♪モーツアルト「2台のピアノのためのソナタ第2・3楽章」プリモとセコンド。2楽章は甘く、3楽章はスピードアップしなくては。


この4つを軸に、色々虫干し(爆)楽しんでいます。
虫干しトップはこれ。

♪グラナドス「演奏会用アレグロ」・・・ちょっと何とかしたい。

その他色々。

モーツアルトソナタ10番・12番・14番のファンタジーとソナタ、イ短調ロンドにロ短調アダージォ、
アルベニス「アストゥリアス」「パヴァーナ・カプリチォ」、
ファリャ「スペイン舞曲第1番」、
グラナドス「オリエンタル」「詩的なワルツ集」「スペイン狂詩曲」、
ボサノヴァ集より「イパネマの娘」「おいしい水」「オルフェの歌」他色々や、譜おこしした「Luv letter」、ジャズアレンジバッハ、月刊ピアノのジャズアレンジ曲等等・・・


こうして、好きな曲を好きなように弾くと、やっぱりスペイン色が多いですね(^^)
モーツアルトソナタは、先日お友達になったピアノ弾きさんに影響されました♪
もともとモーツアルトは好きで、レッスンでも結構やったし、自分で弾いたのも加えれば、ソナタは4分の3位は弾いたかな。
挙げたソナタは以前レッスンで習いました。でも、以前とは違って見える。見えなかった音の色が見えてきたり、楽しいです。
ロンドとアダージォは習ってないけど、好きな曲。

グラナドスは、オリエンタル復活!!ごついところは相変わらず弾けん(汗)
詩的なワルツ集は、気持ちや肉体的に疲れたときに、とろりとできるので好き。
ファリャは弾いていて楽しいです。
ウオーミングアップに意外と「Luv letter」が効いてます。黒鍵が多く、細かいパッセージやアルペジオもあり、オクターブも出てくるので、最初に弾くと手が目覚めます(笑)
今日は何を弾こうかな・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボサノバ♪

華麗なるピアニスト ボサノバ



ボサノバは結構好き♪あまり色々は知らないけど・・・
中でも大好きな曲が入っていたので、購入してみました。
好きなのは、「イパネマの娘」「黒いオルフェ」「おいしい水」







で、他にもアレンジ物が色々入っています。







まだ全部弾いていませんが、なかなか楽しいです^^

って、バラ1はどうなった????(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の右手親指

元旦にスライサーで切った右手親指。
今日消毒に行って来ました。

傷バンをはがすと、止血のための脱脂綿@赤まだらがくっついてます。
それをはがすと、また出血しそうだと言うことで、そのままに。
自然に傷が治るまで、あとは時が経つのを待つのみです。

傷バンもなくてもいいくらい・・・だとのことですが、とはいえ、あんまり強く触ったり、ジャブジャブぬらしてもダメそうなので、一応傷バン張って、取れないようにサック包帯しています。





↑ほんじつの親指。


握る方向の動作がまだちょっと痛いのと、やっぱりさわれば痛いです。
治るまで、右手の親指には、しばし休んでいてもらいます^^

編み棒は、意外とかぎばりのほうが早く持てました。
かぎばりの方が親指使うかなと思ったのですが。
親指使わなくても、他の指でもてば編めます。目はイマイチ。
棒針は、今日は大体もてるけど、やっぱり違和感と痛みがあります(なので、こちらもしばしお休みです)



さて、右手が使えなくてもピアノは弾きたい。煩悩ですな。
転んでもただでは起きないをモットーにしているので(爆)
これまたいい機会だろうと言うことで、左手の練習をすることにしました。

テクニック・・・スケールを正確に。とか、指が早く動くように。とかもですが、
なんと言っても、左手でなるべく音楽的に歌うように弾くこと、音量をコントロールすること(特に声部間)、音色に気をつけることに主眼を置いて練習することにしました。


曲目はサイドバーにも上げた、ブラームス作曲の「左手のための練習曲 バッハのシャコンヌ」です。

クララ・シューマンが右肩を脱臼した時に、右手の使えないクララを慰めるために、ブラームスはこの曲を書いたそうです。
ブラームスの、バッハとクララへの愛情とやさしさの感じられる、素敵な編曲です。
シャコンヌ好きの私にはたまりません~~

ところどころ、ブゾーニ版と、メロディーの音が違ったり、和音が違ったり、フレーズが違ったりするので、いずれブゾーニ版に戻ったときに、迷わないようにしないと。
単旋律になるところも、不思議に厚みを感じます。音域もあるのかな。
超絶な部分もあります。ある部分なんて、まともに弾けるとは思えん(汗汗汗)

というわけで、治るまで、しばしバッハ・ブラムス・クララに、楽しませていただきます^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

レッスン♯1

と書いてはみましたが・・・

あまり詳細なレッスン記は、今のところ、書くつもりはないのですが(っつーか、書けない^^;;;)、
とても充実した嬉しい時間だったので、今日は少しだけ。

先日が実質上第1回目のレッスンでした。

レッスンを受けると、今まで自分がどれだけ自信がなかったか、楽譜の意味を読めていなかったか、迷いがあったか、練習方法に間違いや無駄があったか、良く分かりました。
レッスンを受けられるって、本当にありがたい。

みていただいたのは、アルベニスの「イベリア第1集より エル・プエルト(港)」と、
バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」です。

港は、各声部の性格付けをきちんとすること。各声部ごとに強弱をきちんとつけること。アクセントの音の違い。トリルの弾き方を分けること。「ジャカジャカジャン」という音を、ギターらしく弾く練習法。テンポ感。。。。などを教えていただきました。

シャコンヌは、速い部分のゆっくり練習のやり方です。
こういうことが全くわかっていなかったんだなあ。思い知りました。
カンタービレで弾くときと同じような手の動きで、フォルテも弾く。まさに目ウロコです。

また、うでや上半身全体を使って弾くこと。今まで手首から先だけで弾いていたんだなあ。
ようやく気付きました。

音と、緩徐部分の弾き方についてはほめていただきました。嬉しかったですよ~
再開以来、頑張っていたことなので。

教えていただいたことを、なるべく自分のものにできるよう、次回までに頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の練習。

今日は午前中、1時間ほどですが集中して練習しました。
練習メニューはシャコンヌとエル・プエルト(港)。

シャコンヌは、手直し部分を練習しました。
右手の中に左手が入り込む交差になる部分があるのですが、今までラクをしたくて、弾きやすいように左右に割り振って弾いていました(告白・汗)。
先日のレッスンで、やはり記譜どおりに弾いた方がよい、と聞き、早速直しています。
自分でも、ここは記譜どおりにすべきであったと反省しています。
左右に割り振ってしまうと、リズムがすべるし、バッハらしい声部感がなくなるからです。

エル・プエルト弾いて、ホントよかったです(^^)
エル・プエルトにも、右手の中に左手が入り込む交差がたくさん出てくるのです。
こんな交差、初めてだったのですが、港で練習したらシャコンヌでも弾けるようになりました。港だけに漁夫の利?(爆)

メトロノームをかけて、ゆっくり→速くで練習をしました。
こういうのが大事なんだよなあ。
今日、30回練習してできたことは、明日は29回でできるかもしれない(但し、いつもできるとは限らないが)。それの積み重ねで、少しづつ弾けるようになってゆく。
何十年もかけてやってきて、さんざんわかっているはずなのに・・・
いつまで経ってもちゃんとできないのよね。反省。


エル・プエルト(港)も、メトロノームをかけて練習しました。
8分の6と4分の3が交互に出てくるため、メトロノーム練習がしにくくて(あまり速いメトロノーム音を聞いていると、頭が痛くなってくるのです。それって私だけ?)。
でも、今日はかけて弾いてみました。
ひ、ひ、ひどい・・・shock

トンデモないリズム音痴だった・・・crying

走っているなとは思っていたのですが・・・
走っているどころじゃなかったああああああ。
これじゃあ、港の踊り手たちも、とてもじゃないが踊れまい・・・
これもゆっくり→速くの、メトロノーム練習、がんばらなきゃ。

来週のレッスンまでに、ガンバリマス!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」に関する覚書

バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」に関する覚書です。

♪「シャコンヌ」
スペインに起こったダンスで、現在はすたれている。
普通は2拍目にアクセントのある、4分の3拍子のゆるやかな曲で、変奏曲の一種。
バロック音楽の重要な器楽形式。パッサカリアに似ている。
特定の低音及び和声進行を繰り返すオスティナート・バスを用いている。


♪J・S・バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004」
「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001~1006」は、3曲ずつのソナタとパルティータからなる。(ソナタ第1番 パルティータ第1番 ソナタ第2番 パルティータ第2番・・・の順)
第2番ニ短調は、1.Allemande 2.Courante 3.Sarabande 4.Gigue 5.Chaconne からなる。


♪「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 より シャコンヌ」
始めの8小説で主題が示され、その後、29の変奏が続く。
全体は大きく3部に分かれ、第1~第15変奏まではニ短調、第16~第24変奏まではニ長調、第25~29変奏までは再びニ短調となる。


♪バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」(ブゾーニによるピアノ編曲版)
ヨハン・セバスティアン・バッハ 1685・3・21~1750・7・28
フェルッチョ・ベンヴェヌート・ブゾーニ 1866・4・1~1924・7・27
ブゾーニによる編曲は1897年ころ。
他にもピアノ編曲版として、ブラームスによる左手のための編曲などがある。(←これ、私の場合両手じゃないと弾けません・爆涙)
他にも全音のピアノピースにも他の作曲家の編曲版があったような・・・


以上の記事は、「標準音楽辞典(音楽の友社)」と、こちらこちらこちらを参考に書きました。



以下、シャコンヌに対する個人的な感慨です。
シャコンヌに始めてであったのは高校生くらいのころだったでしょうか。チェロの演奏 (ヨー・ヨー・マだったかも)とブゾーニ編曲版を、前後して聴き、「世の中にはこんなすごい曲があったのか・・・」とすっかり魅了されてしまいました。
やはり15,6のころ出会ったグラナドスの「演奏会用アレグロ」と共に、私にとって一生の憧れ曲となりました。この2曲を、いつかいつか弾けるようになりたい・・・
ブゾーニ編曲版の楽譜は18,9のころ手に入れました。以来、時折眺めてはあこがれのため息をつき、ちょっと弾いてみては手が出ないとあきらめ、はや四半世紀。

グラナドスのアレグロを、ヘタクソながらも発表会で暗譜で弾けたことは、とても嬉しいことでした。いくらヘタでも、頑張れば、いつかは何とかなるかもしれない・・・やってみなくちゃわからない!

シャコンヌもいつか、弾けるようになりたい。そう思いながら、練習を続けています。


今回調べた中で、オタッキーにツボだったポイント(?)
その1・シャコンヌは「スペインにおこったダンス」
その2・ブゾーニの没年月日1924・7・27
スペインとくればグラナドスheart02 7・27といえばグラナドスの誕生日heart02
ちょっと嬉しい(←ファンって奴は・爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久しぶりの乱れ弾き

卒園式・卒業式も終わり、入学準備は全く整わないながらも(←駄目じゃんsweat02
ようやくちょっとのんびりできた今日の午後です。

ちなみに昨日の夜は友達と一緒に、久しぶりの夜の外出fullmoon←満月がきれいでした
映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観て、夕食を食べてきました。
ライラは字幕版を観たのですが、白クマのイオレク・バーニソンの声が、サー・イアン・マッケラン。
朗々とした、吟じているような台詞回しがすごく良かったです。
原作とは・・・うーん、違いもあったけれど、大分前に読んで内容を忘れていることもあり(汗)、十分楽しめました。
私はどちらかというと「ライラの冒険」3部作のうち、2・3作目が好きなので、ぜひとも映画化していただきたいのですが・・・続編でるのかな???


さて、今日の午後は久しぶりにゆっくりできたので、のべ3時間ほどピアノを弾きました。
最近の練習メニューの曲はこちら。

♪「一人で弾くピアノ協奏曲 ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 第1楽章」
(4ページのアレンジですが、楽しいです。先回の練習会で弾いたアレです)

♪グラナドス「The Evening Bell」
(スケッチ集の中の1曲。)

♪チャイコフスキー「アンダンテ カンタービレ」全音ピアノ名曲選集より
(ロマンチックなメロディー、少しおどけた中間部、中声部に主旋律が来てなおかつppという弾きにくくて美しい部分と、弾いていて楽しく、かつ静かな曲)

♪グラナドス「オリエンタル」
(第4変奏以降・・・弾けませ~~~~ん!!!!crying

♪バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」
(肩に負担がかかっている・・・ということは、どこかに重大な欠点があるんだろうなあ。はあああ)

シャコンヌ、やっぱり好きです。「演奏会用アレグロ」のはあとheartな好きとは違いますが、じわじわ・しみじみ・深く好き。
ようやく譜読みが終わったかな、という段階なので、これから細かく見ていく予定です。
いつか、レッスンを再開したいと考えているのですが、シャコンヌをもって行く勇気は、はたして出るだろうか・・・


さて、今日は久しぶりにドビュッシーを開いて見ました。

以前は大好きだったのに、このところ弾くことがありませんでした。
春秋社版・1巻の頭から、音出しをして見ました。

♪「アラベスク 1番 2番」

♪「ベルガマスク組曲 プレリュード メヌエット 月の光 パスピエ」

♪「ピアノのために プレリュード サラバンド(少しだけ) トッカータ」 

♪「バラード」

♪「夢」

♪「ロマンティックな円舞曲」

♪(この辺で力尽きて)「仮面」


あくまでも音を出してみただけで、弾くというところまでいっていないのがカナシイ(涙)


最近グラナドスとかグラナドスとかグラナドスとか(爆)、
ひたすらロマンティックなものばかり弾いていたので、色彩感に最初なじめず(泣)
でも、だんだん弾いていると・・・面白いです。
和風だ祭りだわっしょいわっしょいみたいな部分があったり、色彩色絵本みたいな音があったり、面白い。
でも・・・以前みたいに弾きたい!!これが弾きたい!!!この音が弾きたい!!!!という気持ちになれなかったです。あんなに大好きだったのにな。エンリケ、あなたのせいよ(爆爆爆)
民俗風と一口に言っても、かたや東洋風、かたやロマ(ジプシー)風。
エンリケ・グラナドスの「オリエンタル」は、アルハンブラ宮殿を思い起こさせるのです。

でも、ドビュッシーは好きな作曲家であることには変わりありません。
「ピアノのために プレリュード」と「仮面」はいつかきちんと仕上げたいです。
それに、「前奏曲集」という大物もいるし。(←弾いたこと無い)
でもでも、今はやっぱり・・・「シャコンヌ」とグラナドスnoteheartheartheart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況報告♪

このところ、バタバタしていました。
先週は、上の子の修学旅行があったり(早起きして、弁当作り~^^;;;)
こちらにお出かけしたり(^^)
ひどい腰痛で、痛み止め飲んでダウンしてたり(TT)


で、そんな中、練習はボチボチと地味~に続けています。
夏休み中2週間近くまともに弾けなかったので、指がちっとも動かない。
ので、最近ハノン復活しました。
1~10番までを練習したあと、39番を全調(但し、短調は旋律的短音階のみ)。
音階の指を全然覚えていなくて焦っています。

ハノンは2・3・4番が苦手です。特に左手。
弾いていると、上側の腕の筋肉が痛くなってくるのです。
多分ヘンなところに力が入っているんでしょうね。
左手の3・4・5の指は、とても動きが悪いです。
それを何とかしようと、無駄に指を高く上げすぎているのかも。
それで音が遅れてしまって、速くしようと無駄に力が入っているのかもしれません。
なんて、自分の指を見ながら考えていたのですが・・・
素人の思い込みで、ますます悪いことにならないように気をつけないとです。


グラナドスの演奏会用アレグロは、なんとか暗譜をしようとがんばっています。
6ページがどうしても覚えられない・・・鬼門です。

前回のDolceの練習会で、自由の女神さんが弾いておられたシューベルトのソナタが、すごく素敵だったので、ダウンロードして弾いています。なかなか重みが出せません(涙)

グラナドスをもう一曲、スペイン狂詩曲を練習中。おそらく、これを12月の発表会で弾くことになると思います。

グラナドスはさらにもう一曲、Rapsodia Aragonesa。明るい気分になれる。

同じく12月に自由の女神さんと弾く連弾曲、亡き王女のためのパヴァーヌ。女神さんの足を引っ張らないように頑張りますっっっ!!!合わせるのが楽しみ♪♪♪

ハノンのほかに、クラマー=ビューローも復活!1番だけだけれど、地道に弾いています。

今週は上の子の小学校最後の運動会があり、そして来週末29日はDolceの大ホール練習会!!!

その他にも、行って見たいものがいろいろ。
映画「魔笛」も観にいきたいし、他にも観たい展覧会(こちら)もある。
映画「ミス・ポター」こちらも見たい。以前ポターの伝記を読んだことがあり、意外な半生に興味をもったこともあるが、舞台であるイギリス湖水地方を見てみたい。
子供のころから好きだったアーサー・ランサム全集の舞台なのだ。私にとってはこちらの方がメインかも。

さて、このうち、いくつに行けるかな・・・


9月21日追記
映画「魔笛」は、モーツァルトの最後のオペラ「魔笛」が映画化されたものです。
舞台を第1次世界大戦当時に移し、当代の一流歌手による競演(但し、歌詞は英語^^;;;)によるシネマオペラ。
登場人物にザラストロという高僧がいるのですが、ザラストロ=ゾロアスター=ツァラトストゥラなんですって。へえ~~~

映画「ミス・ポター」は、「ピーターラビットのおはなし」の作者、ビアトリクス・ポターの生涯を描いたもの。
以前ポターの伝記を読んだ時、かわいらしい絵と文からは想像できない意外な半生に、びっくりしました。イギリスのこの時代の中産階級って、こんな感じなんだ。
映画では、イギリス湖水地方の、美しい自然の映像も楽しめるのではないかと、楽しみにしています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Quando me'n vo'とPiccolo Valzer

前々回の記事の続きにするつもりが・・・結局キャンプの記事を先に入れてしまいました。ごめんなさい(>_<)

さて、オペラ好きだった高校生の頃、特に好きだったオペラ「ラ・ボエーム」の、これまた特に好きだったムゼッタのアリア「私が町を歩けば Quando me'n vo'」である。
ピアノを再開した2005年、たまたま入った某古書店ブ○ク○フで、「イタリア ピアノ名曲選集 ヴェルディ、プッチーニ、マスカーニ、ドニゼッティ」(全音)を見つける。300円(定価は1500円)。パラパラと見ているうちに、懐かしい人(曲)に出会う。
曲名は「小さなワルツ Piccolo Valzer」プッチーニ作曲。
これが、「私が町を歩けば Quando me'n vo'」だったのだ。

Quando


「ピアノの編曲もあったのか」・・・と解説を読んでびっくり。ピアノの方が原曲だったのだ。曰く、

>・・・後に、オペラ「ボエーム」のなかで”ムゼッタのアリア”として使われ、(中略)・・・原曲がピアノ作品であることを知る人はほとんどいないだろう。

はい!!知りませんでしたとも!!!!!いやあ、オモシロイことって色々あるものです。

ちなみに、この選集にはマスカーニの「間奏曲 Intermezzo」も載っているんですが、これも後にオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲にオ-ケストレーションされたそうです。つまり、あの美しく印象的な間奏曲も、もとはピアノ曲だったらしい。ビックリです。

ムゼッタのアリアは、(ムゼッタが)金持ちのパトロンと一緒にいる時、元恋人の気を引くために歌うんですが、官能的でコケティッシュな感じです。一方、ピアノの原曲のほうには波の流れに乗ってと指示されているらしい。たゆたう小船のイメージなのかな。

カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲は、オケの、伸び広がる音が美しい。
ピアノは本当に色々なことのできる楽器ですが、音を伸ばすことと、伸ばしたままふくらませることは、弦管楽器のようにはできません。この曲なんか聴くと、他の楽器がうらやましくなります。

2曲とも、ムゼッタとオケの印象が強いのですが、ピアノ曲の方に最初に出会っていたらどんな印象だったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とどかない…

とどかない…

シューマンの「飛翔」です。

ここの右手の、「シ♭ーソ・シ♭・レ♭」と、「ドーソ・シ♭・レ♭」がとどきません(涙)
他の箇所は左手がフリーになるので左手で取っているんですが、ここは同時に動いているので無理。

ここって、どう弾いたらいいんでしょう???
アルペジオするしかないんでしょうが・・・
アルペジオするとしたら、順にバラバラバラっと弾いたらいいのかな?
それとも、シ♭だけばらして、あとで3和音を同時に弾いたらいいのかな?

この曲を弾いた皆様、どうか教えてくださいませ!!!Help me!!!!!
(皆さんすんなり右手でしっかりつかんで弾いておられるのかしら・・・とどかないのは私だけ?)



とどかない…

↑私の右手です。うんと無理をして9度。ただし、白鍵限定。


とどかない…

↑左手。こちらは9度何とか。右手よりは実用的です。
左手の方が小指が5ミリほど長いのです。ピアノを弾く上ではかなり大きな差です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)