のだめカンタービレ

映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」観てきました

レディースディ逃すわけにはいかん!と言うことで、『のだめカンタービレ最終楽章後編』観てきました^^

良かったですよ~~~
前編はオケたっぷりで、それはそれでよかったんだけど、ランラン=のだめをもう少し聴きたいなあ・・・と思ったんですが、
後編は、ランラン=のだめがたっぷりてんこ盛り(笑)
ピアノ弾き的にはおいしかったと思います^^


ここからなぜかコミック中心の話(^^;;;

のだめカンタービレの主人公って誰なんだろう・・・と、コミックを読みながらよく思っていました。
のだめはほぼ、心の内を語ることがない。音声として出てくる言葉としては語られるけど、独白やト書きはほとんどない様に思います(私の勘違いかもしれませんが)。
千秋先輩は、もう独白まっしぐらといっていいほど、心の内を語る。

もちろん、誰が主人公か・・・といったことが非常に重要であるとは言い切れない。
作者は、登場人物を通して、作者の語りたいことを語っているのだから。

誰が主人公かと言うことは、その曲が何調であるかということと似通っているように思う。

調を知る・・・と言うだけならば、さほど重要ではないと思う。
例えば、ニ長調だと知ったとき、自分の中にあるニ長調へのイメージ、バッハだったらバッハがニ長調にこめた意味(これは学習しだいなのだが、あまり勉強していないのでよくわからないです。どんな作曲家にもあることなのでしょうね)を、考えることは重要だと思う。
そして、その調や和音がどんな風に変化していくか・・・ここでドッペルで、転調して、終止してetcetc・・・これはとても重要なことだと思う。

自らの心の内を語らない主人公・・・思い出すのは「指輪物語」のフロドだ。
もちろん、双方共、主人公であるかどうかは、色々意見があることだと思う。
フロドは、特にモルドールに入ってからは、ことごとく心の内を語らない。語らせてもらえない。或いは、語ることを許されない。
指輪とのだめは、もちろんまったく違うが、のだめとフロドの扱い方には、どこか似通ったものを感じてしまう。
心の中を語りまくる人物が、すぐそばにいる(千秋先輩とサム)と言う点でも似通っているし、
その人物を通して、心の内を語らない登場人物を見続け、推察すると言う点でも、シンパシーを感じてしまう。

私自身は、フロドものだめも主人公だと思っている。
↑の、調の話に絡めると、誰が主人公ー何調であるかが非常に主要なテーマであるとは思っていない。
ただ、何調かを知ったとき、自分の中におこるイメージー主人公が誰であるかによるその物語に対するイメージは、のだめの言葉を借りていえば「どう感じるかは自分のもの」
そして、その調がどんな風に変化して行くかーその登場人物が(主人公として)どんな風に変化していくかは、とても重要なことだと思う。

のだめが、コミックの最後に語る音楽への思い・・・もしかしたら、すごくシンプルなことかもしれないけれど、のだめ自身の感じ方はきっと、私の思っているよりずっと濃いんだろうな。そして、そこへ至るまでののだめの変遷が、きっと作者の語りたかったことなんじゃないかな。



映画に戻ります。
以下、ねたばれを含むので、折りたたみます。

続きを読む "映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」観てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

こんなところにのだめが・・・

お店で発見。








のだめカンタービレスナック~~~♪





↑はオーストリア編。







↑はフランス編。







裏には、それぞれ「オーストリア豆知識<ウィーン>」と、「フランス豆知識<フランス語講座>」が書いてあります。


味付けは、
フランス編は『千秋先輩特製~グラタンドフィノワ(じゃがいものグラタン)』
オーストリア編は『のだめと千秋先輩愛の共同制作~ウィーン風グラーシュ(牛肉の煮込み)』

ちなみに、共同制作ののだめは『盛り付け担当』だそうで、一安心です(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめが~???

のだめ映画最終楽章公式サイトの、ニュース11月16日の記事にて発見。


のだめ映画の、のだめ演奏シーンは、ラン・ランが演奏しているそうです。
記事によると「のだめになりきって演奏」している模様。また、オリジナルサントラ「のだめカンタービレ 最終楽章」でも、その演奏を聴けるそうです。

こちらのページで、サントラ全曲試聴できます。
最初のモーツアルトから、のだめ=ランランはじけてます(笑)

ますます楽しみ~~~~!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のだめ最終巻

今週は、久しぶりにレッスンに伺いました。
シャコンヌを2時間近く、びっちり見ていただきました。

♪今回のポイント

・右手和音は一番上の音(小指)を最も出す
・はずすことを恐れず、まず音楽的に演奏することを考え、次にはずした部分を修正する
・フォルテとピュウ・フォルテの違いを表現する
・指の付け根を強く、形を崩さず弾く
・最初のフレーズ、緊張と悲嘆の中、6度で一旦ホッとし、再び緊張へ。次のフレーズでは6度は2回目なのでそこは緊張を持続し、属7まで持ってゆく
・両手スケール、音のバランスに気をつける。クリアにきらめくように弾く(ために、右手をはっきり出す)
・速いパッセージ、速度を上げてゆく段階ではどんどん速くするが、弾けるようになってきたらそんなに速いと考えなくともよい。一音一音鍵盤の奥まで弾く。音楽的に弾く
・和音の中で、出す音・出し過ぎない音を考える。ぶつかる音は控えめに

まだまだありますが(特に歌い方など)、主としてこんな感じでした。
技術的なことは、ある程度理解できましたが(弾けることとは別)、3番目の音色の違いなどは、これからじっくり考えなくてはです。
音楽的に弾くこと・和音の弾き方・全部の音を鍵盤の底まで弾く・・・特に和音は苦手sweat01なのですが、
あとひと月、少しでも近づけるように頑張ります!!!


で、今日は、健康診断でした。
体重もほぼ昨年と変わらず、血圧も107と65といった感じで安定していたし、自分的には健康そのものscissorsまあ、結果を見なければわかりませんね^^;;;
今回はマンモグラフィーがありました。

「マンモは今までやったことありますか?」
「はい、2回目です」
「では、ご存知でしょうが、これはとても痛い検査なんです・・」

そう、1回目も痛かったけど、今回も痛かったsweat01
上下からつぶれアンパン型にはさむのは、さほど痛くないんだけれど、左右からつぶれフランスパン型にはさむのが痛いsweat01sweat01
あまりに痛い顔をしていたせいか、フランスパンのときは「頑張ってください」と励まされてしまいました^^;;;
まあ、普段ストレスの無い生活をしているので、たまには頑張ることも必要ですね(違爆)
マンモやると、バリウムなんて怖くないという気分になります(これまた違爆)
健康診断はやはり受けておいたほうが、自分も家族も安心できますね。


で、最後に表題ののだめ最終巻感想。
以下、ネタばれ含みますので、折りたたみます。

続きを読む "のだめ最終巻"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「のだめ」ドラマ第1話で印象的だったこと

モーツァルトの2台ピアノソナタを、千秋さまとのだめが演奏したあとの、教授の一言が印象的でした。
細かくは覚えていませんが、「この曲はモーツァルトが弟子のために作曲したのだが、もしかしたらモーツァルト自身がピアノの楽しみを再発見するためだったのかもしれないね」といったような科白でした。

1・2巻しか読んでいないので、もしかしたら違っているかもしれませんが、漫画の原作にはこういう科白はなかったように記憶しています。

「モーツアルトが・・・」云々の部分はどうかなとは思いますが(モーツアルトは音楽に愛されていた・・と思っているので^^)、千秋さまのためのレッスンだった・・・と言うことの説明にはとても良かった。
印象的な一言でした。

2台ピアノの楽譜、入手したいぞ~~
レーラー:ファ♯ーミレ:シ♭・・:
と弾いて「たった2小説で間違えるなー!」「ぎゃぼー!」
と、遊ぶためだけにでも入手したいものです(←使用法に大きな誤りが・爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」(TV)第1話

録画しておいた「のだめカンタービレ」をようやく見た。面白い~~
何話分になるのかな、上手く話をまとめているなと思いました。
実は1・2巻しかもっていないのだめ。これを機会に、揃えたいな(願望)
・・・
古書店で出ていないかしら・・・(そちら頼みな私)

見ていると、弾きたくなる弾きたくなる。
「悲愴 第2楽章」
・・・・
悲惨か、やはり(笑)。
のだめの演奏、3連符の部分、なんというか、情熱的でしたね。
ついでに(?)第1・第3楽章も弾いてみる。悲惨度パワーアップ。(自爆)
悲愴は練習してから1年も経っていないのだが、あっという間に弾けなくなっています。
弾いても弾いても、ばらばらと音をたてるが如くこぼれ落ちてゆく、曲また曲。
ざる頭か、ざる手か、はたまたざる耳か。
・・・
ま、いっか。楽しければ(←いいのか、それで・爆)。

モーツァルトの2台ピアノ。いいなあ。楽譜欲しいぞ。

「ピアノソナタ 清掃」が聞きたかったんですけど。ドラマののだめさん、弾いていただけませんか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)